新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを車載したい——車載5V電源ボード「Pi PowerBoard」

Raspberry Pi向けに12Vを5Vに降圧して電源供給する拡張基板「Pi PowerBoard」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Pi PowerBoardは、Raspberry Piを自動車などに搭載して利用することを想定した電源ボードだ。イグニッションの状態などを検知して、Raspberry Piへの電源を制御することを狙っている。

制御にはAtmelのAVR「Attiny85」を使い、Attiny用リニア電圧レギュレーター、RTC DS3231、RTC用バックアップバッテリー、12Vから5Vへの降圧コンバーターおよび25mm冷却ファンを搭載している。

photo

Pi PowerBoard では、イグニッションスイッチ、車のバッテリー電圧、Raspberry Piのステータス(電源オン/オフまたはスクリーンセーバー)を検知し、Attiny85のプログラムにより、Raspberry Piを停止するかどうかなどを制御している。Attiny、RTCとRasberry Piの通信にはI2Cインタフェースを利用。降圧コンバーターがオンのときは常にファンがオンになる。

完成品と組み立てキットを用意し、どちらも早割価格は25ユーロ(約3220円)。出荷は2018年12月の予定で、日本への送料は20ユーロ(約2570円)だ。

Pi PowerBoardは、2018年12月13日までクラウドファンディングを実施中。11月29日時点で、350ユーロ(約4万5000円)の目標額を上回る約800ユーロ(約10万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る