新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊

技術評論社は、電子工作やプログラミング初心者向けに、Arduinoを使った電子工作の入門書「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」を、2018年12月12日に発刊する。

本書は、Arduinoを使った電子工作の入門書。手を動かして作例を作ることを重視し、工作に取り組むうちに、Arduinoでできることや、電子部品の利用方法を理解できる内容となっている。

Arduinoを使ってみたい人や電子工作に挑戦したい人など、電子工作やプログラミングの経験がまったくない初心者向けに、分かりやすく解説されている。

第1章~第4章の基本編では、電子工作とArduinoの基礎知識、スケッチ(Arduino用プログラム)の基本、デジタル入出力に関する電子回路、アナログ入出力とシリアル通信を解説し、第5章~第8章の実践編では、人が近づくと光るイルミネーション、リモコンで動かす扇風機、Twitterと連携した温度計などのインターネットとの連携、ロボット風バギーの作例に挑戦する。付録では、Arduino Nanoの使い方を解説している。

著者は、プログラミング教室などを開催している登尾徳誠氏。B5変形判256ページで、本体価格は2640円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る