新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、金属製PLA2種と専用高硬度エクストルーダー3種発売

XYZプリンティングジャパンは、同社のFFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ」シリーズ向けに、金属製PLAフィラメント2種(メタリックPLAおよびカーボンPLA)と、専用の高硬度エクストルーダーを発売した。

photo

メタリックPLAは、銅成分を含有し、従来品よりも高強度なフィラメントだ。加えて造形物に独特の金属感と重厚感も与える。銅像や骨董品、アクセサリーなどの作製に使用すると、金属のような質感の造形物ができ、表面を磨くことで光沢のある造形物に仕上げることもできる。

photo

カーボンPLAは、炭素繊維とPLAを混合し、軽量かつ高強度、耐衝撃性に優れたフィラメント。つや消しのマットな質感で、高級感のある造形物に仕上がる。ラジコンやドローン用の部品、スクリュープロペラ、また機械パーツなどの特に強度が必要な造形物に適している。

photo

価格は、メタリックPLAフィラメントが6980円、カーボンPLAフィラメントが5980円(いずれも税別)で、同社Webサイトで販売している。

photo

また同時に、メタリックPLA/カーボンPLAフィラメント向けに、高硬度エクストルーダーを発売した。一般的な真鍮製エクストルーダーと比べて、高い耐久性と耐摩耗性を持ち、プリンターヘッド直結タイプのために、正確なフィラメント送りが可能だ。標準の真鍮製/ステンレス製エクストルーダーとは、ワンプッシュで付け替えできる。同社のダヴィンチJr. Proシリーズ、ダヴィンチSuper、およびダヴィンチColorに対応する3種類を用意する。

photo

価格は、ダヴィンチJr. Proシリーズ用が1万2800円、ダヴィンチSuper用、およびダヴィンチColor用がそれぞれ2万2800円(いずれも税別)で、同じく同社Webサイトで販売している。

photo

なお、今回発表した金属製PLAフィラメントを使用するためには、ダヴィンチシリーズ標準の真鍮製エクストルーダーに代えて、高硬度エクストルーダーが必要となる(ダヴィンチ Jr. WiFi Pro は、ステンレスエクストルーダーを標準装備し、メタリック PLA の使用が可能)。金属製PLA以外のPLA/PETGフィラメントなどを使用する場合、標準エクストルーダーの使用が推奨されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る