新しいものづくりがわかるメディア

RSS


天気予報を発光色で教えてくれるスマート電球「TeNKYU」

インターネット経由で天気予報情報を取得し、雨予報だと青色に光って教えてくれるスマート電球「TeNKYU」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

TeNKYUは、アプリインストール型のスマート電球。専用アプリの第一弾が今回の天気予報アプリで、予めインストールしておくことで、インターネットから天気情報を取得。雨予報の場合は青色で点灯、晴れ予報の場合には通常の白色で点灯する。人感センサーを備えており、玄関に設置しておくと、わざわざ調べなくても出かける前に自動的に天気予報が分かるようになる。

photo

設置は、口金サイズE26(直径26mm)の電球を外して、TeNKYUと交換するだけだ。動作にはWi-Fi環境(2.4GHz帯)が必要で、アプリインストール時にiPhone5S(iOS12)以上が必要になる。Android端末には対応していない。

本体サイズは全長が約112mm、外径が約60mmで重量が173g。また、天気予報以外のアプリは、今後順次リリースするとしている。

photo

支援およびリターンには、【超早割5割引。先着50名様】TeNKYU2個とロゴステッカー9800円、【法人様向4割引】TeNKYU10個とステッカー5万8000円(いずれも税込)などが用意されている。

目標金額50万円のところ、2018年12月6日現在67万円以上の支援が集まっており、すでにプロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  3. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  4. 【2018年版】日本のファブ施設調査——成長期から成熟期へ移行
  5. 電子工作やプログラミング初心者に——技術評論社、「ゼロからよくわかる!Arduinoで電子工作入門ガイド」発刊
  6. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない。自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【3】
  8. German RepRap、液体材料で造形する新技術LAM方式3Dプリンター「L280」発売
  9. 塗る/磨くことでプラスチックや木材の表面を金属化——塗れる液体金属「VeroMetal AQUA」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る