新しいものづくりがわかるメディア

RSS


天気予報を発光色で教えてくれるスマート電球「TeNKYU」

インターネット経由で天気予報情報を取得し、雨予報だと青色に光って教えてくれるスマート電球「TeNKYU」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

TeNKYUは、アプリインストール型のスマート電球。専用アプリの第一弾が今回の天気予報アプリで、予めインストールしておくことで、インターネットから天気情報を取得。雨予報の場合は青色で点灯、晴れ予報の場合には通常の白色で点灯する。人感センサーを備えており、玄関に設置しておくと、わざわざ調べなくても出かける前に自動的に天気予報が分かるようになる。

photo

設置は、口金サイズE26(直径26mm)の電球を外して、TeNKYUと交換するだけだ。動作にはWi-Fi環境(2.4GHz帯)が必要で、アプリインストール時にiPhone5S(iOS12)以上が必要になる。Android端末には対応していない。

本体サイズは全長が約112mm、外径が約60mmで重量が173g。また、天気予報以外のアプリは、今後順次リリースするとしている。

photo

支援およびリターンには、【超早割5割引。先着50名様】TeNKYU2個とロゴステッカー9800円、【法人様向4割引】TeNKYU10個とステッカー5万8000円(いずれも税込)などが用意されている。

目標金額50万円のところ、2018年12月6日現在67万円以上の支援が集まっており、すでにプロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る