新しいものづくりがわかるメディア

RSS


無限にアウトプット展開が可能——ユーロラック対応シンセサイザー用マルチプル「TUNNELS」

ユーロラックモジュラーシンセサイザー用マルチプル「TUNNELS」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

TUNNELSは、信号の複製とルートをサポートするユーロラックユーティリティモジュール。電源を使用して信号の減衰を防ぐバッファー付きマルチプルで、インプットシグナルを複製する「TUNNEL IN」モジュールと無限にアウトプット展開できる「TUNNEL OUT」モジュールで構成される。

TUNNELS

TUNNEL INモジュールは、1イン2アウトを3系統備えたマルチプル。インプットシグナルを複数のアウトプットにすることができる。1つのインプットのみ接続した場合は1イン6アウトマルチプル、2つのインプットに接続した場合は1イン2アウトと1イン4アウトの2系統が使えるマルチプル、3つのインプットに接続した場合は1イン2アウトを3系統使えるマルチプルとなる。接続を切るとインプットは以前のインプットにノーマル化されるため、多様な設定が可能だ。

TUNNEL OUTモジュールは、9アウト搭載のマルチプル。TUNNEL OUTモジュールを使うと、TUNNEL INモジュールのアウトプットをシンセサイザー内の他の場所に出すことができる。TUNNEL OUTモジュール同士は無限に数珠つなぎできるので、バッファー付きマルチプルバンクを作ったり、クロック信号や1v/octのような同期信号をシンセ内の思い通りの位置に送信したりできるようになる。

TUNNELS

また、TUNNEL OUTモジュールは、「TUNNEL LINK」ケーブルを使ってTUNNEL INモジュールと接続すると3つのチャンネルでTUNNEL INモジュールからのインプットを受け、各チャンネルにつきアウトプットを3つ追加できる。その場合、1インプット接続で15アウトに対応する。TUNNEL OUTモジュール同士を接続すれば、理論上は無限にアウトプットを増やすことが可能だ。TUNNELSはバッファー付きマルチプルなので、TUNNELSで構築したシステムが大きくなっても1v/oct制御電圧のような重要な信号を維持できるという。

TUNNELS

各モジュールの幅は4HPで、奥行きは38mm。TUNNEL LINKケーブルの長さは5フィート(約1.5メートル)だ。

TUNNELSは、今なら数量限定で175ドル(約1万9700円)で、TUNNEL INモジュールとTUNNEL OUTモジュールのセット(TUNNEL LINKケーブル付属)が入手できる。2019年6月の出荷を予定しており、日本への送料は25ドル(約2800円)だ。

TUNNELSは、2019年1月2日までクラウドファンディングを実施中。2018年12月6日時点で、1万1000ドル(約130万円)の目標額に対して約8000ドル(約90万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る