新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小学校に無料プログラミング教材を提供——ベネッセ、「コンピュータサイエンス教育週間2018」を応援

ベネッセは、「コンピュータサイエンス教育週間(2018年12月3日〜9日)」の期間中、埼玉県戸田市の公立小学校で、同社の無料プログラミング教材を使ったプログラミング教育への取り組みを実施する。

コンピュータサイエンス教育週間とは、米国の非営利団体「code.org」を中心に2013年から始まったコンピュータサイエンス教育の普及を目的とした活動だ。2018年は、全世界で約10万件のイベントが予定されている。

同社は、コンピュータサイエンス教育週間の趣旨に賛同し、小学生向けの無料プログラミング教材「プログラミングステップゼロ」を一般公開している。

この教材は、プログラミングの概念に触れ、動作に慣れることを目的としたWebベースのScratchアプリだ。キャラクターが学校に行くまでの道順をプログラミングする過程で、命令の組み合わせや繰り返し処理、条件分岐などの概念を学べる。

コンピュータサイエンス教育週間中に、埼玉県戸田市立戸田南小学校の3年生がこの教材に取り組む。当日は担当教員が1時間授業を担当し、児童がプログラミングを体験する。当日の授業の様子は、Webサイトでも紹介予定だ(2018年12月12日頃予定)。

なお、プログラミングステップゼロは一般公開のため、コンピュータサイエンス教育週間終了後も引き続き利用できる。

同社は今後も、プログラミング教育の指導向上に向けて取り組んでいくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る