新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小学校に無料プログラミング教材を提供——ベネッセ、「コンピュータサイエンス教育週間2018」を応援

ベネッセは、「コンピュータサイエンス教育週間(2018年12月3日〜9日)」の期間中、埼玉県戸田市の公立小学校で、同社の無料プログラミング教材を使ったプログラミング教育への取り組みを実施する。

コンピュータサイエンス教育週間とは、米国の非営利団体「code.org」を中心に2013年から始まったコンピュータサイエンス教育の普及を目的とした活動だ。2018年は、全世界で約10万件のイベントが予定されている。

同社は、コンピュータサイエンス教育週間の趣旨に賛同し、小学生向けの無料プログラミング教材「プログラミングステップゼロ」を一般公開している。

この教材は、プログラミングの概念に触れ、動作に慣れることを目的としたWebベースのScratchアプリだ。キャラクターが学校に行くまでの道順をプログラミングする過程で、命令の組み合わせや繰り返し処理、条件分岐などの概念を学べる。

コンピュータサイエンス教育週間中に、埼玉県戸田市立戸田南小学校の3年生がこの教材に取り組む。当日は担当教員が1時間授業を担当し、児童がプログラミングを体験する。当日の授業の様子は、Webサイトでも紹介予定だ(2018年12月12日頃予定)。

なお、プログラミングステップゼロは一般公開のため、コンピュータサイエンス教育週間終了後も引き続き利用できる。

同社は今後も、プログラミング教育の指導向上に向けて取り組んでいくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る