新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「micro:bit」でロボットを動かそう——距離/音センサーも搭載するロボットキット「PLEN:bit」

教育向けマイコンボード「micro:bit」を搭載したロボットキット「PLEN:bit」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PLEN:bitは、小型二足歩行ロボット「PLEN2」などのロボット開発を手掛けるPLEN Projectによる大阪発のプロジェクト。身長13cmの小さなボディに8個のサーボモーターを搭載し、歩行に加えてダンスやキックなどの動きができるロボットキットだ。

photo

組み立てで使用する工具はプラスドライバー1本、ネジ止めは6カ所のみで、初心者でも約60分で完成できるという。コントローラーのmicro:bitは胸部にセットされ、歩行、ダンス、キックなどの動きがプリセットされている。ブラウザベースのプログラミングツール「JavaScriptブロックエディタ」を使って簡単にプログラミングでき、上級者であればJavascriptやPythonによるプログラミングも可能だ。

photo

専用の拡張ボードには距離/音センサー用のポートがあり、距離センサーを使って迷路を脱出するプログラムや、音に反応してロボットにアクションさせるプログラムを作れる。またmicro:bit本体に搭載された、25個のLED、加速度センサー、コンパス、温度センサー、光センサー、タッチ、無線通信などの機能を使って、ユニークかつ高度なロボット制御が可能だ。

photo

PLEN:bitの通信方式はUSB/BLE、OSはWindows/Macをサポートする。ニッケル水素バッテリーを内蔵し、約90分の充電で動作時間は約60分。身長は13cmで、重さは約300gだ。

photo

PLEN:bit組み立てキットは、micro:bitあり/なしのタイプをそれぞれ2万5900円/2万9500円で提供する。出荷は2019年4月を予定しており、国内の送料はどちらも2000円だ。

photo

PLEN:bitは、2019年1月14日までクラウドファンディングを実施中。12月21日時点で、300万円の目標額に対して約100万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る