新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サバゲーなどでスコアを記憶するターゲットデバイス「IoTargeting」

ゲームスコアを記憶するターゲットデバイス「IoTargeting」(アイオーターゲティング)がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

IoTargeting

IoTargetingは、エアソフトガンを使ったサバイバルゲームやアーチェリータグ(先端がソフト素材でできている矢を使うアメリカ生まれの新スポーツ)などでターゲットとして使用したり、屋内施設でフリークライミングのコースに設置したりでき、プレイヤーのスコアを記憶できる円盤形のデバイス。LEDを搭載しており、表面部に弾などを当てるとLEDの色が変化する。9種類のゲームモードがあり、スマートフォン上の専用アプリ(iOS/Android対応)でコントロールできる。

IoTargeting - Master Target (左)Master Target
IoTargeting - Smart Target (右)Smart Target

IoTargetingは、「Master Target」と「Smart Target」の2種類のデバイスから成り、専用アプリを使ってMaster Target1個と複数個のSmart Targetを接続しコントロールする。Master Targetには最大20個のSmart Targetを同時接続でき、数珠つなぎに接続すればターゲット範囲を約1500フィート(約460メートル)まで広げられる。

IoTargeting

IoTargetingの大きさは170×160×50mm、重さは400g。単3電池4本で20時間使える。スマートフォンとMaster Target間やMaster TargetとSmart Target間はWi-Fiで通信する。ただし、日本国内で無線電波を発射するには技適(技術基準適合証明/認定)を取得し技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

ボディのリムは、ポリマー製とエアソフトガンで使うBB弾の衝撃に耐えられるアルミニウム製の2種類が用意されている。裏面部はポリマー製で、弾などが当たる表面部は強化シリコン製だ。ボディにはターゲットを立てる三脚取り付け用の穴が3カ所ある。

IoTargeting
IoTargeting

IoTargetingの価格は、Master Target1個、Smart Target2個(いずれもポリマー製リム)、クライミングウォール用取付金具3個のセットが185ドル(約2万円)。アルミニウム製リムのセットは210ドル(約2万3000円)だ。出荷は2019年2月の予定で、日本への送料は44ドル(約4800円)。この他に、Marter Target1個、Smart Target4個、取付金具5個のセットや通信機能のないデバイス「Just Target」のみのセットも用意されている。

IoTargetingは、目標額に達しない場合でも成立するフレキシブルゴール設定で、2019年2月3日までクラウドファンディングを実施。2019年1月10日時点で、目標の5万ドル(約540万円)に対して約1万7000ドル(約190万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る