新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表

オムロンは2019年1月11日、ArduinoやRaspberry Pi等のオープンプラットフォームに対応した3種類のセンサーを発表した。

同社によると、これまでB2B向けに提供していたセンサーを個人のプロトタイピングでも使いやすいよう、オープンプラットフォーム対応するというものだ。第一弾として、ニーズが高いセンサー3種類(非接触温度/振動/絶対圧)を発売する。

photo

「絶対圧センサー評価モジュール(TECHNOALTA-2SMPB-02E-G)」は、気圧を高精度に計測できる絶対圧センサー(2SMPB-02E)を搭載した評価モジュールだ。圧力検出範囲は30~110kPa、圧力精度は±50Pa。通信インターフェースにはI2Cを採用しており、動作電圧は3.3~5V。価格は1620円だ。(以下、価格は全て税込)

photo

「感震センサー評価モジュール(TECHNOALTA-D7S-A0001-G)」は、高精度な地震の強さを判定できる感震センサー(D7S-A0001)を搭載した評価モジュールだ。加速度検出範囲は-2000~+2000gal、通信インターフェースはI2Cで、動作電圧は2.1~5.5V。価格は3780円だ。

絶対圧センサーと感震センサー評価モジュールはSeeedのGroveインターフェースを備えており、はんだ付け不要でRaspberry PiやArduinoで利用でき、サンプルコードもGitHubから公開する。現在Arduino/Raspberry Pi/TinkerBoard用のサンプルプログラムを公開しており、順次対応ボードを増やすとしている。

photo

「MEMS非接触温度センサー(D6T-44L-06)」は、視野角はX方向44.2°/Y方向45.7°で、それぞれに4分割された16面(4×4)のエリア温度を計測できる。焦電型赤外線センサーでは難しい静止人物も検出でき、高感度な人感センサーを実現可能だ。対象物温度検出範囲は5~50℃、電源電圧はDC4.5~5.5V、消費電流は標準5mAで、価格は7020円だ。こちらについてはGroveコネクターへの変換基板「4×4非接触温度センサーD6T変換基板」(TECHNOALTA-D6T-44L-GC)を用意している。価格は864円。

これらのセンサーはスイッチサイエンスから発売中で、PhysicalComputingLabでも1月下旬に発売を予定する。今回の販売は、オムロン株式会社イノベーション推進本部が今後の事業創出を目指した検証として、オープンイノベーションにより他社との協働で販売を実行する。

■取材・広報に関係するお問い合わせ
オムロン株式会社
広報担当 大西
E-mail:haruki.onishi@omron.com

■技術内容に関するお問い合わせ
オムロン株式会社
イノベーション推進本部 CTO室
E-mail:devhub-info-jp@omron.com


※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る