新しいものづくりがわかるメディア

RSS


円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」

レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PiBurnは、既存のレーザー加工機に取り付け、オートフォーカスで円柱状の対象物に刻印できるアタッチメントだ。PiBurnとレーザー加工機を同期し、対象物の回転と加工機の直線動作を連動することで、マグカップやタンブラー、グラス、ボトル、ペンなどの曲面に彫刻ができる。

photo

PiBurnの本体はVスロットレールシステムを採用し、Vローラーが水平/垂直方向にスムーズに動き、対象物を容易に調整できる。一体型のヘッドクランプが対象物の空洞部をしっかりホールドし、対象物を回転するローラーは30オンスのタンブラーから、細いペンまでサポートする。ステッピングモーターは、高トルクで低発熱のLeadshine製を使う。

photo

モジュラーデザインを採用しており、レーザー加工機からの取り外しや故障部品の交換が簡単にできる。Ruidaコントローラーベースの機種に対応し、Bossレーザー加工機や50 Watt Chinese Laserシリーズはテスト済みだとしている。ベッドの底からレーザー照射ポイントのクリアランスは、4インチ(約102mm)+対象物の直径分が必要だが、レーザー加工機とPiBurnのセットアップ方法を説明するユーザーガイドを提供する。

photo

PiBurnは、275ドル(約3万円)で提供する。2019年5月の出荷を予定しており、日本への送料は55ドル(約6050円)だ。

photo

PiBurnは、2019年3月1日までクラウドファンディングを実施中。2月13日時点で、約1万5000ドル(約165万円)の目標額に対し約3000ドル(約33万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る