新しいものづくりがわかるメディア

RSS


円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」

レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

PiBurnは、既存のレーザー加工機に取り付け、オートフォーカスで円柱状の対象物に刻印できるアタッチメントだ。PiBurnとレーザー加工機を同期し、対象物の回転と加工機の直線動作を連動することで、マグカップやタンブラー、グラス、ボトル、ペンなどの曲面に彫刻ができる。

photo

PiBurnの本体はVスロットレールシステムを採用し、Vローラーが水平/垂直方向にスムーズに動き、対象物を容易に調整できる。一体型のヘッドクランプが対象物の空洞部をしっかりホールドし、対象物を回転するローラーは30オンスのタンブラーから、細いペンまでサポートする。ステッピングモーターは、高トルクで低発熱のLeadshine製を使う。

photo

モジュラーデザインを採用しており、レーザー加工機からの取り外しや故障部品の交換が簡単にできる。Ruidaコントローラーベースの機種に対応し、Bossレーザー加工機や50 Watt Chinese Laserシリーズはテスト済みだとしている。ベッドの底からレーザー照射ポイントのクリアランスは、4インチ(約102mm)+対象物の直径分が必要だが、レーザー加工機とPiBurnのセットアップ方法を説明するユーザーガイドを提供する。

photo

PiBurnは、275ドル(約3万円)で提供する。2019年5月の出荷を予定しており、日本への送料は55ドル(約6050円)だ。

photo

PiBurnは、2019年3月1日までクラウドファンディングを実施中。2月13日時点で、約1万5000ドル(約165万円)の目標額に対し約3000ドル(約33万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る