新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加

ビット・トレード・ワンは、Raspberry Pi Zeroに単機能を追加することができるpHATサイズの拡張基板「ゼロワン」シリーズの第5弾として、「臭気センサ拡張基板」と「電子ペーパーモニタ拡張基板」を2019年2月22日に発売する。

ゼロワンシリーズは、pHATサイズや電源制御機能を共通仕様とし、これまでに各種センサーやリレー回路、DAC、GPSなどの拡張基板が発売されている。

photo

第5弾で登場するのは、臭気センサーと電子ペーパーディスプレイの2種類。臭気センサ拡張基板(型番:ADRSZOD)は、アンモニア、水素、アルコール、一酸化炭素、メタンなどの揮発性気体や、タバコ、木材が燃焼した際に発生する煙などのさまざまな気体に対応。他のゼロワン製品と組み合わせることで、例えば換気扇の自動運転など行うこともできるようになる。

photo

ステータス表示用のLEDを装備。Seeed Technologyの「Groveシステム」対応コネクターも備えている。本体寸法は65×30×19mmで重量が13gだ。

photo

電子ペーパーモニタ拡張基板(型番:ADRSZEI)は、バックライト不要で、画面切り替え時のみしか電力を消費しない省電力ディスプレイだ。

photo

2.13インチの画面は180度に近い視野角を持ち、直射日光下でも視認性が確保される。ラベリングやタグなどの表示媒体用途に適している。画面解像度は250×122画素で、本体寸法が65×30×10mm、重量が約14gだ。

共にオープン価格で、市場想定売価は2980円程度(税別)とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る