新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット

飛行機やバイク用エンジンのカットモデルが作れる木製工作キットがKickstarterに登場し、出資を募っている。星型7気筒、Vツインの2種類で、レーザーカットされたパーツは、壁に掛けて鑑賞するだけでなく、実際にエンジン内部部品の動作を再現することもできる。

photo

星型7気筒エンジンは、大西洋横断をしたリンドバーグの飛行機や第二次世界大戦の空軍機に搭載されたエンジンを彷彿させる。クランクシャフトを回せば、1気筒おきにピストンが等間隔で動いていく星型エンジンの特徴が見事に再現されている。

photo

Vツインエンジンは、1950年代後期のハーレーダビッドソン・スポーツスターのエンジンがモデルだ。特徴的な4本のカムシャフトや、OHV(オーバーヘッドバルブ)方式のパラレルバルブ、そしてブレードロッドとフォークロッドと呼ばれるピストンロッド(コネクティングロッド)が忠実に再現されている。また、現時点ではプーリー部の調整が必要で連結されていないが、製品版では3段変速機もきちんと動作するとのことだ。

大きさは、板厚3mmの合板を使った標準サイズの場合、星型エンジンが直径約36cm、V型エンジンが約34×47cm。そのほか、板厚とパーツサイズが2倍、3倍、4倍の大型サイズを用意している。モーターを使って駆動させることもできるが、ベアリングがなく磨耗しやすいので推奨していない。レーザーカットしたパーツは数百点に及び、接着剤を使って組み立てる。

photo

特別価格は標準サイズの星型エンジンキット、V型エンジンキットどちらもそれぞれ100ドル(約1万1000円)。出荷は2019年6月の予定で、日本への送料は30ドル(約3300円)だ。

木製エンジンキットは、2019年3月14日までクラウドファンディングを実施中。2月20日時点で、目標額1万2500ドル(約138万円)のうち、約2300ドル(約25万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る