新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、機械学習用コアを搭載したモーションセンサー「LSM6DSOX」発表

STマイクロエレクトロニクスは、機械学習機能を搭載したモーションセンサー「LSM6DSOX」を発表した。

LSM6DSOXは、機械学習用のコアを搭載しており、既知のパターンに基づいてモーションデータを分類することができる。メインプロセッサーに代わってアクティビティトラッキングの最初の工程を処理できるため、システム全体として消費電力の抑制につながる。

3軸MEMS加速度センサーと3軸MEMSジャイロセンサーを搭載し、消費電流は0.55mAだ。機械学習用コアは、センサー内蔵のステートマシンのロジック回路と共に動作。モーションパターン認識や振動検出を行う。

LSM6DSOXを機器に組み込むことで、オープンソースアプリケーション「Weka」を使用して決定木による分類をコアに学習させることができ、加速度や速度、磁気角度などのサンプルデータから、検出するモーションデータのタイプを特徴付ける設定値やしきい値を生成する。

さらに、自由落下検知やウェイクアップ、6軸/4軸方向検知、クリックなどの割り込みにも対応しているため、アクティビティトラッキングの他にもユーザーインターフェースの制御やノートPCの保護などさまざまな用途で使用できる。また、光学式手ブレ補正機能(OIS)向けの独立した補助出力と設定オプションを持つ。

LSM6DSOXは現在量産中で、単価は1000個購入時に約2.50ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る