新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ST、オープンソース対応のマイクロプロセッサー「STM32MP1」シリーズを発表

STマイクロエレクトロニクスは、マイクロプロセッサー「STM32MP1」シリーズを発表した。

STM32MP1シリーズはコアプロセッサーとして、シングル/デュアルCortex-A7コア(650 MHz)、Cortex-M4コア(209 MHz)を搭載している。

Cortex-A7によりLinux/AndroidなどのオープンソースOSにアクセス可能で、Cortex-M4コアはST/パートナー各社が提供するSTM32エコシステムをサポートする。開発者はSTM32エコシステム上のソフトウェア/開発ツールを使用し、リアルタイムでコーディングしながら、オープンソースのアプリケーションを作成できる。

また、LinuxディストリビューションであるOpenSTLinuxのリリースにより、STM32ファミリーの適用範囲が拡大され、消費電力に制約のあるリアルタイムアプリケーションの開発要件をサポートする。10年間の長期供給保証に対応していることも大きな特徴だ。

Cortex-A/Cortex-Mプロセッサーを組み合わせたヘテロジニアスアーキテクチャーにより、より効率的なアプリケーション開発が可能となる。高速処理やリアルタイム処理をシングルチップで実行でき、例えばCortex-A7の動作を停止しCortex-M4のみを動作させることで、消費電力を25%まで抑えられる(標準値)。

各種DDR/SDRAM(DDR3、DDR3L、LPDDR2、LPDDR3など)もサポートしているため、システム性能や帯域幅にも柔軟に対応できる。また、幅広いFlashメモリー(eMMC、SDカード、SLC NAND、SPI NAND、Quad-SPI NOR)にも対応している。

STM32MP1は現在量産中で、大量購入時の単価は約4.84ドル(約530円)となる。2019年3月以降に販売代理店から入手可能となる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る