新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ST、オープンソース対応のマイクロプロセッサー「STM32MP1」シリーズを発表

STマイクロエレクトロニクスは、マイクロプロセッサー「STM32MP1」シリーズを発表した。

STM32MP1シリーズはコアプロセッサーとして、シングル/デュアルCortex-A7コア(650 MHz)、Cortex-M4コア(209 MHz)を搭載している。

Cortex-A7によりLinux/AndroidなどのオープンソースOSにアクセス可能で、Cortex-M4コアはST/パートナー各社が提供するSTM32エコシステムをサポートする。開発者はSTM32エコシステム上のソフトウェア/開発ツールを使用し、リアルタイムでコーディングしながら、オープンソースのアプリケーションを作成できる。

また、LinuxディストリビューションであるOpenSTLinuxのリリースにより、STM32ファミリーの適用範囲が拡大され、消費電力に制約のあるリアルタイムアプリケーションの開発要件をサポートする。10年間の長期供給保証に対応していることも大きな特徴だ。

Cortex-A/Cortex-Mプロセッサーを組み合わせたヘテロジニアスアーキテクチャーにより、より効率的なアプリケーション開発が可能となる。高速処理やリアルタイム処理をシングルチップで実行でき、例えばCortex-A7の動作を停止しCortex-M4のみを動作させることで、消費電力を25%まで抑えられる(標準値)。

各種DDR/SDRAM(DDR3、DDR3L、LPDDR2、LPDDR3など)もサポートしているため、システム性能や帯域幅にも柔軟に対応できる。また、幅広いFlashメモリー(eMMC、SDカード、SLC NAND、SPI NAND、Quad-SPI NOR)にも対応している。

STM32MP1は現在量産中で、大量購入時の単価は約4.84ドル(約530円)となる。2019年3月以降に販売代理店から入手可能となる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る