新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ST、オープンソース対応のマイクロプロセッサー「STM32MP1」シリーズを発表

STマイクロエレクトロニクスは、マイクロプロセッサー「STM32MP1」シリーズを発表した。

STM32MP1シリーズはコアプロセッサーとして、シングル/デュアルCortex-A7コア(650 MHz)、Cortex-M4コア(209 MHz)を搭載している。

Cortex-A7によりLinux/AndroidなどのオープンソースOSにアクセス可能で、Cortex-M4コアはST/パートナー各社が提供するSTM32エコシステムをサポートする。開発者はSTM32エコシステム上のソフトウェア/開発ツールを使用し、リアルタイムでコーディングしながら、オープンソースのアプリケーションを作成できる。

また、LinuxディストリビューションであるOpenSTLinuxのリリースにより、STM32ファミリーの適用範囲が拡大され、消費電力に制約のあるリアルタイムアプリケーションの開発要件をサポートする。10年間の長期供給保証に対応していることも大きな特徴だ。

Cortex-A/Cortex-Mプロセッサーを組み合わせたヘテロジニアスアーキテクチャーにより、より効率的なアプリケーション開発が可能となる。高速処理やリアルタイム処理をシングルチップで実行でき、例えばCortex-A7の動作を停止しCortex-M4のみを動作させることで、消費電力を25%まで抑えられる(標準値)。

各種DDR/SDRAM(DDR3、DDR3L、LPDDR2、LPDDR3など)もサポートしているため、システム性能や帯域幅にも柔軟に対応できる。また、幅広いFlashメモリー(eMMC、SDカード、SLC NAND、SPI NAND、Quad-SPI NOR)にも対応している。

STM32MP1は現在量産中で、大量購入時の単価は約4.84ドル(約530円)となる。2019年3月以降に販売代理店から入手可能となる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  5. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  6. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  7. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  8. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開
  9. あなたの「#家ラボ」見せてください!
  10. ロボットを利用したリハビリテーションについて学べるセミナーから、Arduinoを使った電子工作ワークショップまで(5月27日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る