新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界最大級のロボット競技大会「VEXロボティクス」、参戦チームを募集中

世界最大級のロボット競技大会「VEXロボティクス競技大会」が、Webサイトにて参加者を募集している。

VEXロボティクスは、56カ国の教育機関と研究施設で使われているSTEM教育のためのロボット教材だ。また競技大会は、米国登録非営利教育機関のREC財団が運営し、世界各所で開催される。 昨シーズン(2017年5月1日~2018年4月30日)は56カ国で1923のイベントが開催された。

競技形式はローカル(地区大会)、リージョナル(県大会)を経て、国ごとのチャンピオンを決定するナショナルチャンピオンシップが日本など各45カ国で開催される。 最終的に、各大陸のチャンピオンシップを勝ち上がってきたチームの中から、ワールドチャンピオンを決定する。世界大会は毎年4月末、米国ケンタッキー州ルイビルで開催される。

競技大会のカテゴリーは大きく4つに分かれており、VEX IQ CHALLENGE(VIQC)とVEX ROBOTICS COMPETITION(VRC)には年齢制限がある。

VIQCの場合、VIQC Elementary Schoolは小学校5年生(~11歳)まで、VEX IQ Middle Schoolは小学校6年生から中学校2年生(11~13歳)までがそれぞれ参加できる。

また、VRCもグレードが2つに分けられており、VRC Middle Schoolには小学校6年生から中学校2年生(11~13歳)まで、VRC High Schoolには中学校3年生から高校3年生まで(13~18歳)が参加できる。

競技内容は、チームワークチャレンジとロボットスキルスチャレンジからなる。 VIQCのチームワークチャレンジは、ランダムに選ばれた相手とチームを組み高得点を狙う。VRCは、さらにもう一組のランダムに組んだチームを相手に、同じフィールド内で対戦する。

一方、ロボットスキルスチャレンジはコントローラーを使って技術を競うドライビングスキルスマッチとプログラミング技術を競うプログラミングスキルスマッチの2種類があり、これら合計3競技の総合得点で勝敗が決定する。

競技テーマは、毎年4月末に行われる世界大会終了後に発表となり、5月から新しいシーズンが開始となる。現在開催されている2018-2019シーズンのテーマは、VIQCが「Next Level」、VRCが「Turning Point」だ。

参戦チームの申し込みはWebサイトから受け付ける。応募条件、募集後の流れなどについては参戦チーム募集ページに詳しく記載されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る