新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ボーイング、自律航行エアタクシーの第1回目の試験飛行に成功

Passenger AIr Vehicle

ボーイングは、同社がエアタクシーと呼ぶ小型航空機(PAV:Passenger Air Vehicle)の第1回目となる試験飛行をバージニア州マナサス市で実施したと発表した。同機の垂直離着陸の性能について試験を行ったところ、その首尾は上々だったという。

今回試験飛行を行った新型PAVは、自律飛行が可能な短距離航空機(無人エアタクシー)を目指すもので、電動垂直離着陸機(eVTOL)と呼ばれるタイプで、電気推進システムで駆動され、ヘリコプターのように垂直に離着陸できる。そのサイズは全長914cmで、高さ853cm。離陸から着陸まで、最大80.47㎞を全自動で飛行できるよう設計されている。

今回の試験飛行では、自律飛行システムによる離陸、飛行中のホバリング、着陸のほか、地上管制についてテストした。次回は、前進、固定翼飛行、垂直飛行モードと前進飛行モードの切り替えについてテストする予定だ。発表によると、垂直飛行モードと前進飛行モードの切り替えは、高速のVTOLの開発において最も重要な挑戦だという。

ボーイングのPAVは、ボーイングが新たに設置した次世代都市航空交通および無人航空機などを開発するBoeing NeXtとボーイングのエンジニアリング子会社Aurora Flight Sciencesオーロラ・フライト・サイエンスが共同して開発中のものだ。Boeing NeXtはPAVの他にも、最大500ポンドの貨物を輸送できる完全電気駆動の無人貨物航空機の開発を手がけている。同機は2018年に屋内における試験飛行をすでに終えており、2019年内に屋外での試験飛行を実施する予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  2. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  3. いつでもどこでもレーザー刻印できる——携帯型レーザー刻印機「LaserPecker Pro」
  4. LPWAを導入しよう——CQ出版、「エレキジャックIoT No.1」発刊
  5. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  6. イグアス、XYZプリンティングジャパンのSLA方式3Dプリンター「PartPro150 xP」を発売
  7. スマートボールでピッチング練習——球速や回転数を計測する軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式M号球」
  8. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  9. どこでも仕事に集中できる個室空間を——持ち運び可能なパーティション「SEREN desk」
  10. リアルな人型ロボット「Android Robo-C」の大量生産を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る