新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1列40ピンのRaspberry Pi用ブレークアウトボード「GPIO Breakout Extended」

ユニークな発想のRaspberry Pi用ブレークアウトボード「GPIO Breakout Extended」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

GPIO Breakout Extended

Raspberry Piに多くのデバイスをGPIO接続するためにブレークアウトボードを使うと、ブレッドボード上の多くのスロットがふさがって使えなくなってしまうといった不満を持ったことはないだろうか。GPIO Breakout Extendedは、そんな不満を解消するために作られたボードだ。

GPIO Breakout Extended

クリエイターはT字形やU字形のブレークアウトボードも検討してみたが、それぞれ一長一短があり満足できず、最終的にたどり着いたのが40ピン並んだこの形だという。

GPIO Breakout Extended

GPIO Breakout Extendedはブレッドボード上で3列占めるだけなので、ブレッドボードの片側のみ使う場合は4列、両側を使う場合は7列を自由に使えることになり、ブレッドボードを広く使って回路を組むことができる。ただし、GPIO Breakout Extendedは1列40ピンなので、使用できるのは穴数830のブレッドボードMB-102のみ。小型のブレッドボードには使えないので注意が必要だ。

GPIO Breakout Extended

GPIO Breakout Extendedの価格は8スイスフラン(約890円)で、はんだ付けしてあるタイプは12スイスフラン(約1300円)。出荷は2019年5月の予定で、日本への送料は7スイスフラン(約780円)だ。

GPIO Breakout Extendedは2019年3月17日までクラウドファンディングを実施。2019年2月28日時点で、目標の1500スイスフラン(約17万円)を上回る約1700スイスフラン(約19万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  5. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  6. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  7. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  8. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  9. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021
  10. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る