新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1列40ピンのRaspberry Pi用ブレークアウトボード「GPIO Breakout Extended」

ユニークな発想のRaspberry Pi用ブレークアウトボード「GPIO Breakout Extended」が、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。

GPIO Breakout Extended

Raspberry Piに多くのデバイスをGPIO接続するためにブレークアウトボードを使うと、ブレッドボード上の多くのスロットがふさがって使えなくなってしまうといった不満を持ったことはないだろうか。GPIO Breakout Extendedは、そんな不満を解消するために作られたボードだ。

GPIO Breakout Extended

クリエイターはT字形やU字形のブレークアウトボードも検討してみたが、それぞれ一長一短があり満足できず、最終的にたどり着いたのが40ピン並んだこの形だという。

GPIO Breakout Extended

GPIO Breakout Extendedはブレッドボード上で3列占めるだけなので、ブレッドボードの片側のみ使う場合は4列、両側を使う場合は7列を自由に使えることになり、ブレッドボードを広く使って回路を組むことができる。ただし、GPIO Breakout Extendedは1列40ピンなので、使用できるのは穴数830のブレッドボードMB-102のみ。小型のブレッドボードには使えないので注意が必要だ。

GPIO Breakout Extended

GPIO Breakout Extendedの価格は8スイスフラン(約890円)で、はんだ付けしてあるタイプは12スイスフラン(約1300円)。出荷は2019年5月の予定で、日本への送料は7スイスフラン(約780円)だ。

GPIO Breakout Extendedは2019年3月17日までクラウドファンディングを実施。2019年2月28日時点で、目標の1500スイスフラン(約17万円)を上回る約1700スイスフラン(約19万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る