新しいものづくりがわかるメディア

RSS


生命の音を聴こう——コインサイズのワイヤレス聴診器「Stemoscope」

自分やペットの心音から樹木の脈動まで、生命が奏でる音を聴くことができる小型ワイヤレス聴診器「Stemoscope」がKickstarterに登場し、1時間で目標額を達成するほどの人気を集めている。

photo

Stemoscopeには、一般的な聴診器のようなイヤーピースや音の伝送管がなく、対象物に直接当てて音を拾う仕組みだ。Bluetooth経由でスマートフォンアプリから聞いたり、さらにワイヤレスヘッドセットに転送して聞くこともできる。アプリには波形表示機能もあるので、音を目で見て楽しむこともできる。

photo

自分自身やペットの心音、樹木が水を吸い上げる音など、自然界の様々な音を簡単に体験することができる。また、新生児に母親の心音を聞かせて、胎内にいたときのように落ち着かせる効果も期待できる。ただし医療用機器ではないので、医療目的に使用することはできない。

photo

大きさは直径38mm、厚さ11mm。重さは30g。リチウムイオンバッテリー搭載で、1回の充電で5時間連続使用可能だ。

photo

アプリには波形表示のほかに、録音や共有機能もある。アプリをインストールしユーザー登録が完了すれば、自動にBluetoothに接続して使うことができる。

photo

特別価格は29ドル(約3240円)。出荷は2019年5月の予定で、日本への送料は5ドル(約557円)だ。

Stemoscopeは、2019年3月22日までクラウドファンディングを実施中。3月7日時点で、3000ドル(約33万4000円)の目標額をはるかに上回る約7万6000ドル(約850万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る