新しいものづくりがわかるメディア

RSS


E3D、新たなスライサー「Pathio」のベータ版を公開——高精度かつ高強度な造形を目指す

イギリスの3Dプリンター関連パーツメーカーE3DからPathioがスピンオフ。新たなスライサー「Pathio」の開発プロジェクトを立ち上げ、ベータ版を公開している。

Pathioは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用スライサーソフトウェア(Gコード生成ソフト)。特定の3Dプリンターのサポートを重視するメーカー主導のスライサーではなく、汎用性の高い、高機能なスライサーを目指している。

現在明らかにされている情報では、Pathioは一般的なスライサーのように2Dをベースにオフセットを計算するのではなく、3Dデータをベースにオフセットをより精密に計算することでシェルかインフィルかを判断し、ギャップや穴が生じないよう自己サポートするシェルの形状を生成できる。これにより、従来よりもコーナーの強度が高く、スロープの表面でも一定の厚みを確保できるという。

また、3D CADのように複数のモデルをグルーピングして、それぞれに独自のパラメーターをセットできるモデルグルーピングシステムを採用。デュアルエクストルーダーを使って、同じビルドプレート上に異なるモデルを造形したり、同じ製品を別のパラメーターを使ってテスト造形することも容易になる。

さらに、スクリプト言語による制御をサポートしており、条件文(if/this/then/that)、数式、すべてのスライシング変数へのアクセス、スクリプトトリガーなどをスライシングの条件に利用することができる。

また、開発予定の機能には「Sawtooth(鋸歯)サポート」があり、ノズルをXY方向に加えてZ軸方向にもコントロールし、微小突起を形成することができるという。

photo

Pathioのベータ版はpathio.xyzのサイトから現在無償でダウンロード可能だが、一部の機能はまだアルファ版のステータスであり、処理スピードやSTLの欠損など、安定して使えるわけではない。不具合は徐々に改善されていくと思われるが、製品版としての供給形態については引き続き検討中とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る