新しいものづくりがわかるメディア

RSS


E3D、新たなスライサー「Pathio」のベータ版を公開——高精度かつ高強度な造形を目指す

イギリスの3Dプリンター関連パーツメーカーE3DからPathioがスピンオフ。新たなスライサー「Pathio」の開発プロジェクトを立ち上げ、ベータ版を公開している。

Pathioは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用スライサーソフトウェア(Gコード生成ソフト)。特定の3Dプリンターのサポートを重視するメーカー主導のスライサーではなく、汎用性の高い、高機能なスライサーを目指している。

現在明らかにされている情報では、Pathioは一般的なスライサーのように2Dをベースにオフセットを計算するのではなく、3Dデータをベースにオフセットをより精密に計算することでシェルかインフィルかを判断し、ギャップや穴が生じないよう自己サポートするシェルの形状を生成できる。これにより、従来よりもコーナーの強度が高く、スロープの表面でも一定の厚みを確保できるという。

また、3D CADのように複数のモデルをグルーピングして、それぞれに独自のパラメーターをセットできるモデルグルーピングシステムを採用。デュアルエクストルーダーを使って、同じビルドプレート上に異なるモデルを造形したり、同じ製品を別のパラメーターを使ってテスト造形することも容易になる。

さらに、スクリプト言語による制御をサポートしており、条件文(if/this/then/that)、数式、すべてのスライシング変数へのアクセス、スクリプトトリガーなどをスライシングの条件に利用することができる。

また、開発予定の機能には「Sawtooth(鋸歯)サポート」があり、ノズルをXY方向に加えてZ軸方向にもコントロールし、微小突起を形成することができるという。

photo

Pathioのベータ版はpathio.xyzのサイトから現在無償でダウンロード可能だが、一部の機能はまだアルファ版のステータスであり、処理スピードやSTLの欠損など、安定して使えるわけではない。不具合は徐々に改善されていくと思われるが、製品版としての供給形態については引き続き検討中とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る