新しいものづくりがわかるメディア

RSS


E3D、新たなスライサー「Pathio」のベータ版を公開——高精度かつ高強度な造形を目指す

イギリスの3Dプリンター関連パーツメーカーE3DからPathioがスピンオフ。新たなスライサー「Pathio」の開発プロジェクトを立ち上げ、ベータ版を公開している。

Pathioは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用スライサーソフトウェア(Gコード生成ソフト)。特定の3Dプリンターのサポートを重視するメーカー主導のスライサーではなく、汎用性の高い、高機能なスライサーを目指している。

現在明らかにされている情報では、Pathioは一般的なスライサーのように2Dをベースにオフセットを計算するのではなく、3Dデータをベースにオフセットをより精密に計算することでシェルかインフィルかを判断し、ギャップや穴が生じないよう自己サポートするシェルの形状を生成できる。これにより、従来よりもコーナーの強度が高く、スロープの表面でも一定の厚みを確保できるという。

また、3D CADのように複数のモデルをグルーピングして、それぞれに独自のパラメーターをセットできるモデルグルーピングシステムを採用。デュアルエクストルーダーを使って、同じビルドプレート上に異なるモデルを造形したり、同じ製品を別のパラメーターを使ってテスト造形することも容易になる。

さらに、スクリプト言語による制御をサポートしており、条件文(if/this/then/that)、数式、すべてのスライシング変数へのアクセス、スクリプトトリガーなどをスライシングの条件に利用することができる。

また、開発予定の機能には「Sawtooth(鋸歯)サポート」があり、ノズルをXY方向に加えてZ軸方向にもコントロールし、微小突起を形成することができるという。

photo

Pathioのベータ版はpathio.xyzのサイトから現在無償でダウンロード可能だが、一部の機能はまだアルファ版のステータスであり、処理スピードやSTLの欠損など、安定して使えるわけではない。不具合は徐々に改善されていくと思われるが、製品版としての供給形態については引き続き検討中とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る