新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スーパーエンプラでの造形にも対応——最高温度500℃のFFF方式3Dプリンター用ホットエンド「3DF-500ASK-01」

エーシックは、最高温度500℃に対応した次世代3Dプリンター用ホットエンド「3DF-500ASK-01」を発売する。

同社によると、従来のFFF方式3Dプリンターの多くは、ホットエンドの最高温度の関係上、ABSやPLAを主体にした300℃以下での造形樹脂を用いたものが普及してきた。3DF-500ASK-01は、500℃までの温度が必要な樹脂類のほぼ全域(スーパーエンプラまで)について造形可能で、高耐熱樹脂であるポリイミドやPEEKのような材料も造形できる。

自己温度制御機能を持つPTCサーメットヒーターと、チタンノズル一体型構造により部品点数とサイズの極小化を図り、小型/軽量化/高速熱応答性/小電力/高信頼性を実現した。フィラメントはφ1.75 mm用、ノズル穴径はφ0.4mm標準、最大電源電圧はDC24V。

3DF-500ASK-01は小型軽量で、効率の良い造形が可能なため、半導体製造用冶具類、医療用、自動車、航空分野において、金型不要で少量多品種のカスタム製品作製が可能だとしている。

ホットエンドのサンプル価格は10万円で、2019年5月初旬より供給開始予定だ。3Dプリンター装置の販売、3Dプリンターによる試作品出力や造形加工なども開始する予定だ。

また、LEDなどの生産設備や画像検査装置などに特化したメカトロニクスデバイス事業を立ち上げ、製造販売を開始することも同時に発表した。

同社の生産工程で導入してきた独自のノウハウを活かした治具、生産設備、検査装置が多くの企業でも活用可能であり、同社製の設備を供給して欲しいとの要望も多く、それに応える形での事業化の発表となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る