新しいものづくりがわかるメディア

RSS


環境共創イニシアチブ、「ものづくりスタートアップのための契約ガイドライン」と「契約書フォーマット」を公開

経済産業省が支援する環境共創イニシアチブは「Startup Factory構築事業」サイトにおいて、「ものづくりスタートアップのための契約ガイドライン」と「契約書フォーマット」を公開した。

Startup Factory構築事業とは、スタートアップがハードウェアなどのプロダクトを市場に送り出す際に壁となる「量産」工程において、さまざまな支援をワンストップで行うために、経済産業省の補助を受けた環境共創イニシアチブが実施する支援事業だ。

今回公開された契約ガイドラインは、スタートアップや設計、製造業者、支援プラットフォーム企業などから聞いた具体例や意見などを踏まえた上で、事前に知っていれば避けられるトラブルを減らし、スタートアップと設計、製造業者などとの積極的な協業が促進されることを目指して作成された。

契約ガイドラインには、「要求・要件定義」から「原理試作」、「量産設計・量産試作」、「(初期)量産」というものづくりプロセスの各ステップにおいて、発生しがちな問題事例やリスク、業務面および契約面の対策や予防策などが記載されている。スタートアップがものづくりを進める際のステップ全体を把握したり、各ステップでの注意点やトラブル防止のための事前対策などを確認したりするために活用できる。各ステップにおいてチェックすべき項目をリストアップしたチェックリストも併せて公開されている。

また、契約書フォーマットは、現場の声を踏まえて、ものづくりと法律の専門家による議論を経て作成されたものだ。契約面にリソースを割く余裕が無いことのリスク、知的財産の適切な管理、トラブル発生時に備えた協業先との取り決めなど、法務部門をもたないスタートアップが不利にならないよう、標準的な契約書のひな形、各条文の解説などを提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る