新しいものづくりがわかるメディア

RSS


車からロボットに完全自動変形——ボイスコントロール対応2足歩行ロボット「Robosen T9」

ボイスコントロールで人型モードと車型モードを自動変形するロボット「Robosen T9」がKickstarterに登場し、目標額を大きく上回る人気を集めている。

photo

Robosen T9は、アルミ合金フレームとABS+PC樹脂シェルからなる3000以上あるパーツ、可動部に22個のサーボモーターを搭載し、変形や車両走行、2足歩行だけでなく、ダンスや腕立て伏せなど複雑な動きができる。世界最大の家電見本市「CES 2019」でも展示され、注目を集めたという。

photo

人型モードのときは、ボイスコントロールのコントロールのほか3種類のプログラムによる制御が可能。マニュアルプログラミング、ビジュアルプログラミング、3Dプログラミングを搭載しており、プログラミング初級者から上級者まで自由なカスタマイズに対応し、STEM教育にも適している。自作のプログラムを共有できるオンラインコミュニティも用意している。

photo

iOS、Android対応のアプリも用意。リモコン機能のほかに、AR(拡張現実)ゲームも楽しめる。大きさは車型モードが287×198×149mm、人型モードが265×163×340mm。重量はバッテリーとマザーボード込みで1.4kgだ。

photo

Robosenは、2019年4月18日までクラウドファンディングを実施中。3月20日時点で、1万ドル(約111万円)の目標額をはるかに上回る約8万2000ドル(約907万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る