新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売

ミマキエンジニアリングは、FFF方式デスクトップ3Dプリンター「3DFF-222」を2019年4月末に発売する。

photo

3DFF-222は、韓国Sindohとの共同ブランドで、最大造形サイズ210×200×195mm、外形寸法421×433×439mmのデスクトップ3Dプリンターだ。

photo

3DFF-222で造形した立体的な屋内サインや立体文字などに、同社のフラットベッドUVプリンターで直接プリントすることで、フルカラーでインパクトのある立体サインなどを作成することができる。

photo 真空成型用の型を造形
photo プリント済フィルムを真空成形
photo

また、真空成形用の成形型を3DFF-222で造形することもできる。造形した型は穴あけなどの加工が不要で、成形用フィルムへのプリントは、同社のUVプリンターなどに搭載可能な柔軟インクで行える。

photo

ノズルはシングルノズルで、ノズル径が0.4mm。積層ピッチは50~400μmで、フィラメントは同社の純正PLAフィラメントのみ使用可能だ。専用のスライスソフト「3DWOX Desktop Software」が付属し、重量は16kgになる。

photo

造形テーブルにフレキシブルメタルベッドを採用。スクレーパーを使うことなく、造形テーブルを曲げることで造形物を取り外すことができる。また、テーブルの水平誤差を自動測定し、カラーモニターに調整を指示する機能も備えている。

photo

その他HEPAフィルターによって汚れた空気の排出を抑えたり、造形時の騒音レベルを45db(美術館の騒音程度)にまで抑制するなど、周囲の環境にも配慮されている。

販売予定価格は21万円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る