新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売

ミマキエンジニアリングは、FFF方式デスクトップ3Dプリンター「3DFF-222」を2019年4月末に発売する。

photo

3DFF-222は、韓国Sindohとの共同ブランドで、最大造形サイズ210×200×195mm、外形寸法421×433×439mmのデスクトップ3Dプリンターだ。

photo

3DFF-222で造形した立体的な屋内サインや立体文字などに、同社のフラットベッドUVプリンターで直接プリントすることで、フルカラーでインパクトのある立体サインなどを作成することができる。

photo 真空成型用の型を造形
photo プリント済フィルムを真空成形
photo

また、真空成形用の成形型を3DFF-222で造形することもできる。造形した型は穴あけなどの加工が不要で、成形用フィルムへのプリントは、同社のUVプリンターなどに搭載可能な柔軟インクで行える。

photo

ノズルはシングルノズルで、ノズル径が0.4mm。積層ピッチは50~400μmで、フィラメントは同社の純正PLAフィラメントのみ使用可能だ。専用のスライスソフト「3DWOX Desktop Software」が付属し、重量は16kgになる。

photo

造形テーブルにフレキシブルメタルベッドを採用。スクレーパーを使うことなく、造形テーブルを曲げることで造形物を取り外すことができる。また、テーブルの水平誤差を自動測定し、カラーモニターに調整を指示する機能も備えている。

photo

その他HEPAフィルターによって汚れた空気の排出を抑えたり、造形時の騒音レベルを45db(美術館の騒音程度)にまで抑制するなど、周囲の環境にも配慮されている。

販売予定価格は21万円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る