新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形エリア500×500×500mm——CNCマシンにもなるFFF方式3Dプリンター「Xcustom Maker 3 L 5050」

CNCマシンにもなるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Xcustom Maker 3 L 5050」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Xcustom Maker 3 L 5050は、3Dプリンターおよびカット、ミリング、ドリル、刻印ができるCNCマシンとして使えるオールインワンマシン。最大加工エリアは3Dプリンターの場合500×500×500mm、CNCマシンの場合は500×500×150mm(搭載ツールによる)だ。

3Dプリンターで使う場合は、最高温度460度のデュアルエクストルーダーを搭載し、1.75mm径フィラメントに対応するという。最小積層ピッチは50μm(0.1~1.2mmのノズル径による)で、ソリッドステートリレーとパワーMOSFETで制御するシリコン製ヒートベッドの最高温度は160度。半透明のポリカーボネート製パネルとフロントドアが全体を覆い、最適なプリント環境を提供する。立方体のデザインとアルミニウム製フレームの強固なボディ、ラバーシリコンのジョイントが振動を抑え、キャリブレーションは不要だとしている。汎用3Dプリンターソフトに対応する。

photo

CNCマシンとしては、スピンドルモーターにパワフルな「AC 750W(1HP)」を採用する。デフォルトのワークスピードは0~24000RPMで、カットの厚みの目安は、DMウッド/ソフトウッドが5mm、ポリマー系が2mm、アルミニウムが0.5mmだ。Wi-Fi通信に対応し、操作は本体搭載のタッチスクリーンで行う。

photo

Xcustom Maker 3 L 5050の価格は1399ユーロ(約17万7000円)で、2019年6月の出荷を予定している。日本への送料は350ユーロ(約4万4000円)だ。

Xcustom Maker 3 L 5050は、2019年3月28日までクラウドファンディングを実施中。3月25日時点で、1399ユーロ(約17万7000円)の目標額を上回る約1800ユーロ(約23万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る