新しいものづくりがわかるメディア

RSS


明和電機の公式ショップ「明和電機 秋葉原店」、東京ラジオデパート2Fにオープン

明和電機は2019年3月30日、東京秋葉原の東京ラジオデパート2階に、初の公式ショップ「明和電機 秋葉原店」をオープンする。明和電機は、土佐信道氏プロデュースによる、吉本興業所属の「中小企業スタイル」芸術ユニットだ。

photo

明和電機 秋葉原店では、「アートからマスプロダクトへ」をテーマにした、ここでしか手に入らない明和電機のさまざまな製品が手に入る。

photo

隣には、レンタルスペース「ラジオスーパー」も同時にオープンし、電気や機械の仕組みを使ったユニークな商品を製作するクリエーターが出店する。第1期出展者には、fabcrossでもおなじみのクリエーターたちも参加している。

photo

さらに展示スペース「ラジオギャラリー」も併設。明和電機が初期に開発した、指パッチンで木魚をならす楽器「パチモク」と、なつかしいナショナルのスイッチのシーケンサー「コイビート」の2つ楽器の歴史と仕組みを紹介する「パチモク&コイビート展」を開催する。

photo

オープン日の同年3月30日および31日には、先着数量限定で「開店記念明和電機ロゴ入りタオル」のプレゼントや、明和電機社長土佐信道氏のサイン会などのオープンイベントが開催される。

同ショップおよび併設施設の営業時間は10:00~19:00で、火曜定休だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る