新しいものづくりがわかるメディア

RSS


明和電機の公式ショップ「明和電機 秋葉原店」、東京ラジオデパート2Fにオープン

明和電機は2019年3月30日、東京秋葉原の東京ラジオデパート2階に、初の公式ショップ「明和電機 秋葉原店」をオープンする。明和電機は、土佐信道氏プロデュースによる、吉本興業所属の「中小企業スタイル」芸術ユニットだ。

photo

明和電機 秋葉原店では、「アートからマスプロダクトへ」をテーマにした、ここでしか手に入らない明和電機のさまざまな製品が手に入る。

photo

隣には、レンタルスペース「ラジオスーパー」も同時にオープンし、電気や機械の仕組みを使ったユニークな商品を製作するクリエーターが出店する。第1期出展者には、fabcrossでもおなじみのクリエーターたちも参加している。

photo

さらに展示スペース「ラジオギャラリー」も併設。明和電機が初期に開発した、指パッチンで木魚をならす楽器「パチモク」と、なつかしいナショナルのスイッチのシーケンサー「コイビート」の2つ楽器の歴史と仕組みを紹介する「パチモク&コイビート展」を開催する。

photo

オープン日の同年3月30日および31日には、先着数量限定で「開店記念明和電機ロゴ入りタオル」のプレゼントや、明和電機社長土佐信道氏のサイン会などのオープンイベントが開催される。

同ショップおよび併設施設の営業時間は10:00~19:00で、火曜定休だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る