新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」

有機ELディスプレイ搭載のRaspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

NanoSound DAC 2は、2017年にクラウドファンディングを成功させた「NanoSound DAC」の後継機。今回は従来の機能はそのままに、音質や使いやすさを向上している。「Basic」「Standard」「Pro」の3つのモデルを用意し、StandardとProはそれぞれ、モノクロ1.3インチ、カラー1.5インチの有機ELディスプレイを標準搭載している。

photo

DACには、引き続きTIの24bit 192kHzサンプリングDAC「PCM5122」を採用。超低ノイズレギュレーター「TPS7A4700」と高精度マスタークロックを搭載し、低ジッターと良質なDSD再生を可能にしている。また、RCA端子には純銅金メッキを使用している。

photo

コントロールは、再生/一時停止、早送り、巻き戻しなどのボタンは変更なく、音量調整ボタンはロータリータイプに変更、微調整ができるようになった。リモコンでも操作可能だ。電源はmicroUSBもしくは独立電源の2系統で、自動で切り換えられる。Raspberry Pi用電源スイッチも搭載し、安全にシャットダウンできる。

周辺機器として、ヘッドフォン/スピーカーアンプ搭載の「NanoSound Amp^2」や、アップサンプリング機能付きCDプレーヤー「NanoSound CD」が利用可能。また、3Dプリント製の専用ケースも用意しているとのことだ。

photo

早割価格は、Basicが320香港ドル(約4500円)、Standardが450香港ドル(約6400円)、Proが770香港ドル(約11000円)。出荷は2019年5月の予定で、日本への送料は別途請求される。

NanoSound DAC 2は、2019年4月29日までクラウドファンディングを実施中。4月11日時点で、1万5000香港ドル(約21万3000円)の目標額を上回る約4万7000香港ドル(約66万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る