新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」

有機ELディスプレイ搭載のRaspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

NanoSound DAC 2は、2017年にクラウドファンディングを成功させた「NanoSound DAC」の後継機。今回は従来の機能はそのままに、音質や使いやすさを向上している。「Basic」「Standard」「Pro」の3つのモデルを用意し、StandardとProはそれぞれ、モノクロ1.3インチ、カラー1.5インチの有機ELディスプレイを標準搭載している。

photo

DACには、引き続きTIの24bit 192kHzサンプリングDAC「PCM5122」を採用。超低ノイズレギュレーター「TPS7A4700」と高精度マスタークロックを搭載し、低ジッターと良質なDSD再生を可能にしている。また、RCA端子には純銅金メッキを使用している。

photo

コントロールは、再生/一時停止、早送り、巻き戻しなどのボタンは変更なく、音量調整ボタンはロータリータイプに変更、微調整ができるようになった。リモコンでも操作可能だ。電源はmicroUSBもしくは独立電源の2系統で、自動で切り換えられる。Raspberry Pi用電源スイッチも搭載し、安全にシャットダウンできる。

周辺機器として、ヘッドフォン/スピーカーアンプ搭載の「NanoSound Amp^2」や、アップサンプリング機能付きCDプレーヤー「NanoSound CD」が利用可能。また、3Dプリント製の専用ケースも用意しているとのことだ。

photo

早割価格は、Basicが320香港ドル(約4500円)、Standardが450香港ドル(約6400円)、Proが770香港ドル(約11000円)。出荷は2019年5月の予定で、日本への送料は別途請求される。

NanoSound DAC 2は、2019年4月29日までクラウドファンディングを実施中。4月11日時点で、1万5000香港ドル(約21万3000円)の目標額を上回る約4万7000香港ドル(約66万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る