新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」

有機ELディスプレイ搭載のRaspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

NanoSound DAC 2は、2017年にクラウドファンディングを成功させた「NanoSound DAC」の後継機。今回は従来の機能はそのままに、音質や使いやすさを向上している。「Basic」「Standard」「Pro」の3つのモデルを用意し、StandardとProはそれぞれ、モノクロ1.3インチ、カラー1.5インチの有機ELディスプレイを標準搭載している。

photo

DACには、引き続きTIの24bit 192kHzサンプリングDAC「PCM5122」を採用。超低ノイズレギュレーター「TPS7A4700」と高精度マスタークロックを搭載し、低ジッターと良質なDSD再生を可能にしている。また、RCA端子には純銅金メッキを使用している。

photo

コントロールは、再生/一時停止、早送り、巻き戻しなどのボタンは変更なく、音量調整ボタンはロータリータイプに変更、微調整ができるようになった。リモコンでも操作可能だ。電源はmicroUSBもしくは独立電源の2系統で、自動で切り換えられる。Raspberry Pi用電源スイッチも搭載し、安全にシャットダウンできる。

周辺機器として、ヘッドフォン/スピーカーアンプ搭載の「NanoSound Amp^2」や、アップサンプリング機能付きCDプレーヤー「NanoSound CD」が利用可能。また、3Dプリント製の専用ケースも用意しているとのことだ。

photo

早割価格は、Basicが320香港ドル(約4500円)、Standardが450香港ドル(約6400円)、Proが770香港ドル(約11000円)。出荷は2019年5月の予定で、日本への送料は別途請求される。

NanoSound DAC 2は、2019年4月29日までクラウドファンディングを実施中。4月11日時点で、1万5000香港ドル(約21万3000円)の目標額を上回る約4万7000香港ドル(約66万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る