新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

アルテックは、MakerBotのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを開始した。

METHODの特徴は、ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダー、そして水溶性サポート材PVAの採用だ。

ヒートチャンバー構造

搭載された2本のヒーターにより、造形エリア内の温度制御が可能となった。これにより、造形中のモデルの反りを低減させ、積層毎の接着力を強めることで、寸法精度やパーツの強度を向上できる。また、熱収縮などによる造形トラブルを回避し、安定した造形を可能にする。

デュアルパフォーマンスエクストルーダー

デュアルパフォーマンスエクストルーダーは、Replicatorシリーズで採用されているスマートエクストルーダーを改良したものだ。脱着式ヘッド2個(モデル用1個、サポート用1個)で構成。拡張されたサーマルコア、強力なドライブギア、そしてフィラメント切れやヘッドの詰まりを探知するセンサーを搭載し、造形精度を改良した。エクストルーダーの加熱時間を60秒に短縮し、造形前の待ち時間を短く抑えた。

水溶性サポート材PVA

水溶性サポート材(PVA)に対応したため、水溶性サポート材が必要な造形も可能となった。

メタルフレーム構造

本体フレームには、最適化されたメタルフレーム構造を採用。装置自体のたわみを減少させることで造形中のブレを抑制し、造形を安定化する。

ドライシールドマテリアルベイ

材料キャビネットにはマテリアルベイを内蔵し、フィラメントを湿気から守るためにドライシールを形成。内部に湿度/温度センサーを搭載しており、フィラメントが最適な環境下にあるかをモニタリングできる。

さらに、フィラメントカートリッジにはRFIDチップが搭載され、フィラメントの種類や残量も確認できる。

最大造形サイズはシングルエクストルージョンでは190×190×196mm、デュアルエクストルージョンでは152×190×196mmだ。

筐体サイズは437×413×649mm、重量は29.5kg。積層ピッチは20~400μmだ。対応フィラメントはTough PLA、PLA、PVAで、PETGにも今後対応予定だ。.stl他、25種類以上のネイティブCADファイルをサポートする。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る