新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

アルテックは、MakerBotのFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを開始した。

METHODの特徴は、ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダー、そして水溶性サポート材PVAの採用だ。

ヒートチャンバー構造

搭載された2本のヒーターにより、造形エリア内の温度制御が可能となった。これにより、造形中のモデルの反りを低減させ、積層毎の接着力を強めることで、寸法精度やパーツの強度を向上できる。また、熱収縮などによる造形トラブルを回避し、安定した造形を可能にする。

デュアルパフォーマンスエクストルーダー

デュアルパフォーマンスエクストルーダーは、Replicatorシリーズで採用されているスマートエクストルーダーを改良したものだ。脱着式ヘッド2個(モデル用1個、サポート用1個)で構成。拡張されたサーマルコア、強力なドライブギア、そしてフィラメント切れやヘッドの詰まりを探知するセンサーを搭載し、造形精度を改良した。エクストルーダーの加熱時間を60秒に短縮し、造形前の待ち時間を短く抑えた。

水溶性サポート材PVA

水溶性サポート材(PVA)に対応したため、水溶性サポート材が必要な造形も可能となった。

メタルフレーム構造

本体フレームには、最適化されたメタルフレーム構造を採用。装置自体のたわみを減少させることで造形中のブレを抑制し、造形を安定化する。

ドライシールドマテリアルベイ

材料キャビネットにはマテリアルベイを内蔵し、フィラメントを湿気から守るためにドライシールを形成。内部に湿度/温度センサーを搭載しており、フィラメントが最適な環境下にあるかをモニタリングできる。

さらに、フィラメントカートリッジにはRFIDチップが搭載され、フィラメントの種類や残量も確認できる。

最大造形サイズはシングルエクストルージョンでは190×190×196mm、デュアルエクストルージョンでは152×190×196mmだ。

筐体サイズは437×413×649mm、重量は29.5kg。積層ピッチは20~400μmだ。対応フィラメントはTough PLA、PLA、PVAで、PETGにも今後対応予定だ。.stl他、25種類以上のネイティブCADファイルをサポートする。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る