新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電源不要で軽くて薄い、足首用歩行アシスト装置

米ヴァンダービルト大の研究チームは、軽量で薄型の足首用歩行アシスト装置を開発した。電源不要なため、背中や腰に重いバッテリーやアクチュエーターを装着する必要がなく、衣類の下に着用しても目立たない。研究成果は、2019年3月14日付けの『IEEE Transactions on Neural Systems & Rehabilitation Engineering』に掲載されている。

今回発表した足首用外骨格型装具の基本概念は、2015年6月11日付の『Nature』に掲載された、Collins、Wiggin、Sawickiらによる「unpowered exoskeleton」コンセプトを発展させたものだ。

研究チームの開発した歩行アシスト装置は、無電源の摩擦クラッチ機構、すね当て、アシスト用ばねで構成している。クラッチは一般的なインソールよりも薄く、すね当ては柔らかい。衣類の下や靴の内側もしくは底にフィットし、日々の生活とよりシームレスにつながるデザインだ。

「我々の製品の特徴は、軽量/薄型/静音/低コストだ。足首の動きを妨げることなく、歩行速度に合わせて自然に追従できる」と研究チームは語る。重さはわずか500g弱、製造コストは100ドル(約1万1000円)以下としている。

高齢者や足首の曲げ伸ばしが困難な人、長距離の歩行を伴う仕事に携わる人の歩行サポートをはじめ、ウォーキング、ハイキング、ランニングを楽しみたい人など、幅広い用途に適しているという。

また、米アリゾナ州フェニックスで開催した「Wearable Robotics Association Conference」でも本製品を披露した。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る