新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電源不要で軽くて薄い、足首用歩行アシスト装置

米ヴァンダービルト大の研究チームは、軽量で薄型の足首用歩行アシスト装置を開発した。電源不要なため、背中や腰に重いバッテリーやアクチュエーターを装着する必要がなく、衣類の下に着用しても目立たない。研究成果は、2019年3月14日付けの『IEEE Transactions on Neural Systems & Rehabilitation Engineering』に掲載されている。

今回発表した足首用外骨格型装具の基本概念は、2015年6月11日付の『Nature』に掲載された、Collins、Wiggin、Sawickiらによる「unpowered exoskeleton」コンセプトを発展させたものだ。

研究チームの開発した歩行アシスト装置は、無電源の摩擦クラッチ機構、すね当て、アシスト用ばねで構成している。クラッチは一般的なインソールよりも薄く、すね当ては柔らかい。衣類の下や靴の内側もしくは底にフィットし、日々の生活とよりシームレスにつながるデザインだ。

「我々の製品の特徴は、軽量/薄型/静音/低コストだ。足首の動きを妨げることなく、歩行速度に合わせて自然に追従できる」と研究チームは語る。重さはわずか500g弱、製造コストは100ドル(約1万1000円)以下としている。

高齢者や足首の曲げ伸ばしが困難な人、長距離の歩行を伴う仕事に携わる人の歩行サポートをはじめ、ウォーキング、ハイキング、ランニングを楽しみたい人など、幅広い用途に適しているという。

また、米アリゾナ州フェニックスで開催した「Wearable Robotics Association Conference」でも本製品を披露した。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る