新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊

CQ出版は、Raspberry Piを通してLinuxワンボードマイコンのI/Oを学ぶ「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」を、2019年5月2日に発売する。

Raspberry PiなどLinuxを搭載したワンボードコンピューターは、GPIOやシリアル通信に使える拡張端子を備えており、センサーICやAD/DAコンバーターなどのハードウェアを拡張したり、IoT端末や遠隔操作ロボット向けの組み込みハードウェアとして利用できる。

Webページなどで公開されている回路図をそのまま利用して制作することもできるが、基本的な信号の入出力(I/O)の知識を有していなければ、トラブル発生時に対処できず、さまざまな拡張ハードウェアを正常に動作させるのは困難だ。

同書では、Raspberry Piを例にして、拡張回路の作り方からプログラムの書き方まで、実習を交えて解説したものだ。LinuxワンボードマイコンにおけるI/Oの基礎知識を網羅的に掲載。作製事例集や、Raspberry PiのI/O制御ライブラリーである「WiringPi」のリファレンスも付属している。

さらに、Raspberry Pi用の拡張プリント基板2枚が付属するので、記事内容を実際に試す場合にも便利だ。

なお、同書は雑誌「トランジスタ技術」に掲載された記事を再編集し、書き下ろしの章を追加して再構成したもの。B5判、352ページで、拡張基板2枚、CD-ROM1枚が付属し、定価が3240円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る