新しいものづくりがわかるメディア

RSS


準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始

APPLE TREEは、FLASHFORGEのFFF(熱溶融積層)方式デスクトップ3Dプリンター「Creator3」の予約販売を開始した。

photo

Creator3は、FLASHFORGEのデスクトップ型3Dプリンターの使いやすさを継承し、産業用3Dプリンターに匹敵する信頼性、精度、造形品質を実現。最大造形サイズ300×250×200mmのデュアルヘッド3Dプリンターだ。

photo

左右独立したエクストルーダーにより、材料はモデル材料とサポート材料の2ヘッドから射出される。2色造形品質は、一般的な固定式ヘッドを装備するデスクトップ3Dプリンターの倍以上としている。

photo

模型向けに水で溶けるPVAフィラメントをサポート材料に使用することによって、ビジュアル性の高い形状や微細形状でもサポート部分を容易に除去できる。水溶性サポート材に対応しているので、シングルヘッドタイプでは造形できない複雑なモデルと可動オブジエクトの造形が可能となり、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンが可能だ。

photo

両ヘッド共に300℃の射出温度で、PLA、ABS、PP、PC、PA(ナイロン)などのエンプラにも対応する。強度が必要な治具や機能確認用モデルの造形もできる。

photo

造形精度は0.05mm~0.3mm、ノズル径は0.4mm、プリント速度は毎秒40~100mm、ソフトウェアは FlashPrintを使用し、3MF、STL、OBJ、FPP、BMP、PNG、JPG、JPEGなどのデータ形式に対応している。本体サイズは627×485×615mm、本体重量は40kg。

photo

標準価格は32万1000円(税抜)。今後1年間に500台の販売を目指すという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る