新しいものづくりがわかるメディア

RSS


透明な木板を開発——窓ガラスの代替や太陽電池パネルへの適用も

Photo: Peter Larsson

スウェーデン王立工科大学(KTH)のLars Berglund教授が、太陽光発電のパネルや建物の窓として利用できる光学的に透明な木板を開発した。研究成果は『Journal of the American Chemical Society』に掲載されている。

「木材を材料とする透明な木板は、低コストかつ入手が容易で、再生可能であり、太陽電池パネルにも適した材料だ」とBerglund教授。「窓や建物の正面ガラスにも使用できる」という。磨りガラスのように半透明にすることも可能なので、光は入れたいがプライバシーは守りたいという場合でも利用できる。

透明な木板は、木材からリグニンという成分を化学的に除去することで生み出される。Berglund氏は「リグニンが取り除かれると、木材は白くなる」と説明する。リグニンを取り除くだけでは透明にならないが、リグニンを除去した木板に透明なポリマーを含浸させ、その2つの光学特性を一致させることで透明にできるという。

Berglund教授は次の課題として、材料の透明性の向上と製造プロセスの拡大を挙げている。また、別の種類の木材を使った透明の木板を作り出すことにも取り組む予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」、今後も市民に親しまれるために
  2. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  3. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 光を奏でるレーザーシンセサイザー「radiator」
  6. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  9. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  10. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る