新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、7種類のMEMSセンサーを搭載し、Microsoft AzureのIoT Plug and Playに対応したIoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表した。

SensorTile.boxは、「高精度温度センサー」、「機械学習コア搭載低消費電力6軸モーションセンサー」、「3軸加速度センサー」、「地磁気センサー」、「大気圧センサー/高度計」、「アナログMEMSマイクロフォン」、「湿度センサー」を搭載。また、制御用には低消費電力のマイクロコントローラー「STM32L4R9」が搭載されている。

プラグアンドプレイ対応で、Bluetooth Low Energy経由でスマートフォンなどとも接続でき、歩数計やアセットトラッキング、環境モニタリングなどが、初心者でも実現できるとしている。

開発者向けには開発モードとエキスパートモードを用意。開発モードでは、センサーを個々に起動/停止させて消費電力を最適化したり、複数のセンサーデータを融合して精度を向上させるセンサーフュージョンを利用できるようになる。また、センサーのキャリブレーションも可能だ。さらに、機械学習コアなどを活用したニューラルネットワークによるアクティビティトラッキングや、音響によるシーン判別などの機能も実現できる。

同モジュールは2019年6月初旬に、同社ウェブサイトおよび同社代理店から提供される予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る