新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、「はじめてのAlexa開発キット」の販売を開始した。

同キットはRaspberry Piを使用して、Alexaのスキル開発からAVS(Alexa Voice Service)device SDKによる動作状態の確認、端末の動作確認まで対応した開発キットだ。 初めてAlexaを開発するメーカーやプログラマーを対象としており、開発期間の短縮だけでなくPoCとしても利用できる。

スマートホームAPIから音楽ストリーミング、ゲーム、画面対応、ビジネス向けアプリまで広く応用でき、音声認識/音声合成などの技術も習得可能だ。

対応言語はJS、Python、CPPで、開発期間を短縮できるサンプルプログラムも数多く用意している。また、Alexa端末としても利用可能だ。

ハードウェアとしてRaspberry Pi 3 B+に加えマイク、スピーカー、microSD(32GB)、ケース(白、黒、透明から選択可)を用意。またソフトウェアとしてはASK(Alexa skill kit)のコンソール開発、CLI開発、AVS device SDKによる自社製品搭載開発ソフトを搭載している。

初心者向けとして、コンソール開発用(AWS Lambda関数、Alexa開発コンソール:JavaScript)のHello world、スロット対応、画面対応、端末住所問い合わせプログラム、中上級者向けにはASK CLI(JS、Python)を使ったPetmatch、High and low gameを提供する。

また、ASK CLIを使ったスマートホーム用APIをPythonで提供する。Requestによるプログラム設定、アカウントリンク設定、端末検索など一連の動作を確認可能だ。

価格は、Alexa開発キット本体が一式4万円。オプションとしてバッテリー(3.0A 1万mAH、1万円)や、USB電源ケーブル(Micro USB Bソケット、1本200円)、HDMIケーブル(500円)も用意する(価格は全て税抜)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る