新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、「はじめてのAlexa開発キット」の販売を開始した。

同キットはRaspberry Piを使用して、Alexaのスキル開発からAVS(Alexa Voice Service)device SDKによる動作状態の確認、端末の動作確認まで対応した開発キットだ。 初めてAlexaを開発するメーカーやプログラマーを対象としており、開発期間の短縮だけでなくPoCとしても利用できる。

スマートホームAPIから音楽ストリーミング、ゲーム、画面対応、ビジネス向けアプリまで広く応用でき、音声認識/音声合成などの技術も習得可能だ。

対応言語はJS、Python、CPPで、開発期間を短縮できるサンプルプログラムも数多く用意している。また、Alexa端末としても利用可能だ。

ハードウェアとしてRaspberry Pi 3 B+に加えマイク、スピーカー、microSD(32GB)、ケース(白、黒、透明から選択可)を用意。またソフトウェアとしてはASK(Alexa skill kit)のコンソール開発、CLI開発、AVS device SDKによる自社製品搭載開発ソフトを搭載している。

初心者向けとして、コンソール開発用(AWS Lambda関数、Alexa開発コンソール:JavaScript)のHello world、スロット対応、画面対応、端末住所問い合わせプログラム、中上級者向けにはASK CLI(JS、Python)を使ったPetmatch、High and low gameを提供する。

また、ASK CLIを使ったスマートホーム用APIをPythonで提供する。Requestによるプログラム設定、アカウントリンク設定、端末検索など一連の動作を確認可能だ。

価格は、Alexa開発キット本体が一式4万円。オプションとしてバッテリー(3.0A 1万mAH、1万円)や、USB電源ケーブル(Micro USB Bソケット、1本200円)、HDMIケーブル(500円)も用意する(価格は全て税抜)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る