新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功

Stratolaunch Systemsは2019年4月13日、空中発射ロケットを運ぶ母機となる航空機「Stratolaunch」の初飛行に成功したと発表した。

Stratolaunchは、現地時間2019年4月13日午前7時頃にモハーヴェ空港・宇宙港を離陸、最高時速約300キロメートルでモハーヴェ砂漠の上空約5200メートルを2時間半にわたって飛行し、様々な操縦性能試験を行った。

Stratolaunchは、翼幅117メートル、全長73メートル、全高15メートルの世界最大の航空機。エンジンはBoeing 747と同じPratt & Whitney製PW4056ターボファン・エンジン(推力5万6000ポンド)6基を備える。積荷であるロケットを機体中央に吊下して飛行場から離陸、約1万メートルの成層圏まで上昇し、地球低軌道(LEO:Low Earth Orbit)に向けて発射することを目的としたロケット発射母艦だ。

Stratolaunchから発射されるロケットは、Orbital Sciences Corporationの開発した空中発射ロケット「Pegasus」。有効荷重350~440キログラムで、1990年以降、B-52やLockheed L-1011から40回以上発射された実績がある。Stratolaunchは最大3機のPegasusロケットを吊下して離陸、別々の軌道へ人工衛星を投入することができる。最初のPegasusロケット射出ミッションは2020年が予定されている。

StratolaunchはこのPegasusの他、有効荷重3.4~6トンの2機の空中発射ロケットと再利用可能なスペースプレーンの発射も計画している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る