新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実験的なナチュラルサウンドを——ユーロラックモジュラーシンセサイザー「Organic Modular Synthesizer」

ユーロラックモジュラーシンセサイザー「Organic Modular Synthesizer」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか10時間での目標額の調達に成功している。

photo

Voltage Research Laboratory Organic Modular Synthesizerは、自然界の作用やシステムを利用した、これまでとは全く違ったコンセプトのアナログシンセサイザー。実験的なオーガニックサウンドの探求にこだわり、あまり知られていないアナログシンセサイザーの可能性を引き出すとしている。

100%ユーロラックモジュラーフォーマットで作られ、3つのモジュール(ボイス、コントローラー、ユーティリティー)が手作りのユーロラックエンクロージャーに収納される。

photo

ボイスモジュールでは、オシレーターのペアが多彩なサウンドシェーピングとマニピュレーションオプションを駆使し、ベーシックな音の形状を調和豊かなトーンに仕上げる。高度な波形ワーピングを備えたカスタムウェーブフォルダー、リニアFM、振幅変調(AM)、リングモジュレーション、波形サイクリング、ハードシンクなどの機能を搭載する。

また、マルチファンクションジェネレーターのセットが、インタラクティブな電圧処理システムとして機能し、電圧が制御可能なエンベロープ、LFO、スルージェネレーターとして信号を制御するなど、複雑な制御電圧の生成、調整を手掛ける。

photo

ボイスモジュールとともに、自由な設定と直感的な操作ができるマルチディメンションのタッチパッドのコントローラーモジュール、ユニティーゲインミキサーや、スプリッター付きステレオヘッドホン、ラインアウトプットを備えるアウトプットユーティリティーモジュールを、暖かみのあるウォールナット材とスチールで仕上げたユーロラックケースに収納する。

photo

Organic Modular Synthesizerの予定小売価格は1599ドル(約17万5300円)で、今なら1249ドル(約13万7000円)で入手できる。パッチケーブル15本が付属する。2019年9月の出荷を予定しており、日本への送料は50ドル(約5480円)だ。

Voltage Research Laboratory Organic Modular Synthesizerは、2019年6月7日までクラウドファンディングを実施中。5月27日時点で、6万ドル(約658万円)の目標額を大きく上回る約21万ドル(約2200万円)を以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  5. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  6. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  7. 光を使った「水中IoT」——エネルギーとデータを同時に水中伝送するシステムの研究
  8. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  9. 個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売
  10. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る