新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実験的なナチュラルサウンドを——ユーロラックモジュラーシンセサイザー「Organic Modular Synthesizer」

ユーロラックモジュラーシンセサイザー「Organic Modular Synthesizer」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか10時間での目標額の調達に成功している。

photo

Voltage Research Laboratory Organic Modular Synthesizerは、自然界の作用やシステムを利用した、これまでとは全く違ったコンセプトのアナログシンセサイザー。実験的なオーガニックサウンドの探求にこだわり、あまり知られていないアナログシンセサイザーの可能性を引き出すとしている。

100%ユーロラックモジュラーフォーマットで作られ、3つのモジュール(ボイス、コントローラー、ユーティリティー)が手作りのユーロラックエンクロージャーに収納される。

photo

ボイスモジュールでは、オシレーターのペアが多彩なサウンドシェーピングとマニピュレーションオプションを駆使し、ベーシックな音の形状を調和豊かなトーンに仕上げる。高度な波形ワーピングを備えたカスタムウェーブフォルダー、リニアFM、振幅変調(AM)、リングモジュレーション、波形サイクリング、ハードシンクなどの機能を搭載する。

また、マルチファンクションジェネレーターのセットが、インタラクティブな電圧処理システムとして機能し、電圧が制御可能なエンベロープ、LFO、スルージェネレーターとして信号を制御するなど、複雑な制御電圧の生成、調整を手掛ける。

photo

ボイスモジュールとともに、自由な設定と直感的な操作ができるマルチディメンションのタッチパッドのコントローラーモジュール、ユニティーゲインミキサーや、スプリッター付きステレオヘッドホン、ラインアウトプットを備えるアウトプットユーティリティーモジュールを、暖かみのあるウォールナット材とスチールで仕上げたユーロラックケースに収納する。

photo

Organic Modular Synthesizerの予定小売価格は1599ドル(約17万5300円)で、今なら1249ドル(約13万7000円)で入手できる。パッチケーブル15本が付属する。2019年9月の出荷を予定しており、日本への送料は50ドル(約5480円)だ。

Voltage Research Laboratory Organic Modular Synthesizerは、2019年6月7日までクラウドファンディングを実施中。5月27日時点で、6万ドル(約658万円)の目標額を大きく上回る約21万ドル(約2200万円)を以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  2. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  3. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始
  4. スマホを使って簡単3Dスキャン——スマートフォン用3Dスキャナー「Phiz」
  5. 耳をふさがない完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」がGREEN FUNDINGで支援額1億円超え
  6. みんなで囲んでレトロゲームを楽しむ——カラーLEDパネル搭載ローテーブル「PixIt」
  7. BCN3D、3Dプリンター「Sigma R19」/「Sigmax R19」をオープンソース化して公開
  8. 室内照明で発電——タグキャスト、IoTシート「PaperBeacon」のプロトタイプ開発に成功
  9. 図形と立体に強くなる——オーストラリア発の知育玩具「GEOFIX」
  10. 4ch同時計測にも対応——オシロスコープ機能付ペン型マルチメーター「Pokit PRO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る