新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実験的なナチュラルサウンドを——ユーロラックモジュラーシンセサイザー「Organic Modular Synthesizer」

ユーロラックモジュラーシンセサイザー「Organic Modular Synthesizer」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか10時間での目標額の調達に成功している。

photo

Voltage Research Laboratory Organic Modular Synthesizerは、自然界の作用やシステムを利用した、これまでとは全く違ったコンセプトのアナログシンセサイザー。実験的なオーガニックサウンドの探求にこだわり、あまり知られていないアナログシンセサイザーの可能性を引き出すとしている。

100%ユーロラックモジュラーフォーマットで作られ、3つのモジュール(ボイス、コントローラー、ユーティリティー)が手作りのユーロラックエンクロージャーに収納される。

photo

ボイスモジュールでは、オシレーターのペアが多彩なサウンドシェーピングとマニピュレーションオプションを駆使し、ベーシックな音の形状を調和豊かなトーンに仕上げる。高度な波形ワーピングを備えたカスタムウェーブフォルダー、リニアFM、振幅変調(AM)、リングモジュレーション、波形サイクリング、ハードシンクなどの機能を搭載する。

また、マルチファンクションジェネレーターのセットが、インタラクティブな電圧処理システムとして機能し、電圧が制御可能なエンベロープ、LFO、スルージェネレーターとして信号を制御するなど、複雑な制御電圧の生成、調整を手掛ける。

photo

ボイスモジュールとともに、自由な設定と直感的な操作ができるマルチディメンションのタッチパッドのコントローラーモジュール、ユニティーゲインミキサーや、スプリッター付きステレオヘッドホン、ラインアウトプットを備えるアウトプットユーティリティーモジュールを、暖かみのあるウォールナット材とスチールで仕上げたユーロラックケースに収納する。

photo

Organic Modular Synthesizerの予定小売価格は1599ドル(約17万5300円)で、今なら1249ドル(約13万7000円)で入手できる。パッチケーブル15本が付属する。2019年9月の出荷を予定しており、日本への送料は50ドル(約5480円)だ。

Voltage Research Laboratory Organic Modular Synthesizerは、2019年6月7日までクラウドファンディングを実施中。5月27日時点で、6万ドル(約658万円)の目標額を大きく上回る約21万ドル(約2200万円)を以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る