新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Markforged、3Dプリントの品質を高めるAI搭載ソフトウェア「Blacksmith」発表

Markforgedは、AIを搭載し自律的に精度の高いパーツの作製が可能になるシステム「Blacksmith」を発表した。

photo

Blacksmithは、3Dプリンターと検査装置を強力なAIを介して接続することで、造形物が設計仕様通りに製造されるようにプログラムを自動修正するシステムだ。パーツの品質を高いレベルで維持できるため、従来の製造手法で生じていた精度が低い造形物による無駄や損失を大幅に抑制することができるとしている。

Blacksmithは、設計内容を分析しスキャンした部品と比較するなど、自動的にエンドツーエンドのプロセスを採用することで、設計、仕様どおりの高精度のパーツを製造する。特に最新のメタル3D技術では、すべてシンタリング(焼結)を必要とするが、焼結工程はパーツの収縮や歪みが発生しやすいため、Blacksmithを利用することで、焼結工程を通しても正確なパーツが作製できるようになるという。

photo

Blacksmithは2019年末に、同社のADAM方式金属3Dプリンター「Metal X/X7」向けにリリースを予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る