新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Markforged、3Dプリントの品質を高めるAI搭載ソフトウェア「Blacksmith」発表

Markforgedは、AIを搭載し自律的に精度の高いパーツの作製が可能になるシステム「Blacksmith」を発表した。

photo

Blacksmithは、3Dプリンターと検査装置を強力なAIを介して接続することで、造形物が設計仕様通りに製造されるようにプログラムを自動修正するシステムだ。パーツの品質を高いレベルで維持できるため、従来の製造手法で生じていた精度が低い造形物による無駄や損失を大幅に抑制することができるとしている。

Blacksmithは、設計内容を分析しスキャンした部品と比較するなど、自動的にエンドツーエンドのプロセスを採用することで、設計、仕様どおりの高精度のパーツを製造する。特に最新のメタル3D技術では、すべてシンタリング(焼結)を必要とするが、焼結工程はパーツの収縮や歪みが発生しやすいため、Blacksmithを利用することで、焼結工程を通しても正確なパーツが作製できるようになるという。

photo

Blacksmithは2019年末に、同社のADAM方式金属3Dプリンター「Metal X/X7」向けにリリースを予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る