新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BOSS-CON JAPAN、SoC基礎技術を問う「SoC検定試験 for Arduino」を2020年1月開始へ

BOSS-CON JAPANは、日本SoC技術者育成協会を設立し「SoC検定試験 for Arduino」を2020年1月に開始すると発表した。また、協賛会社の参加も受け付けを開始した。

日本SoC技術者育成協会の設立趣旨は「SoC(System-on-a-Chip)基礎技術を問う試験を学生や未経験者へ提供し、SoC技術者を広く育成する」というもの。新たに開始予定のSoC検定試験 for Arduinoでは、マイコンボード「Arduino」を主教材として採用し、Arduinoを活用したコンピューターサイエンスの基礎を学ぶ機会を広め、IoT時代に活躍する人材の育成に貢献する。

日本SoC技術者育成協会 ロゴマーク

SoC検定試験 for Arduinoの出題数は40問で、選択問題が80問からランダムに出題される。合格ラインは7割正解と発表されている。受験料は1万円(税別)で、学割も別途設定予定だ。 なお、試験会場は全国250カ所以上のCBTソリューションズ試験センターとなる予定だ。

試験の参考書籍は、「これ1冊でできる!Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第3版」。出題範囲/問題数は以下の通りと発表されている。

今後のスケジュールは2019年9月にベータ試験を実施した後、同試験を2020年1月に全国で実施予定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る