新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BOSS-CON JAPAN、SoC基礎技術を問う「SoC検定試験 for Arduino」を2020年1月開始へ

BOSS-CON JAPANは、日本SoC技術者育成協会を設立し「SoC検定試験 for Arduino」を2020年1月に開始すると発表した。また、協賛会社の参加も受け付けを開始した。

日本SoC技術者育成協会の設立趣旨は「SoC(System-on-a-Chip)基礎技術を問う試験を学生や未経験者へ提供し、SoC技術者を広く育成する」というもの。新たに開始予定のSoC検定試験 for Arduinoでは、マイコンボード「Arduino」を主教材として採用し、Arduinoを活用したコンピューターサイエンスの基礎を学ぶ機会を広め、IoT時代に活躍する人材の育成に貢献する。

日本SoC技術者育成協会 ロゴマーク

SoC検定試験 for Arduinoの出題数は40問で、選択問題が80問からランダムに出題される。合格ラインは7割正解と発表されている。受験料は1万円(税別)で、学割も別途設定予定だ。 なお、試験会場は全国250カ所以上のCBTソリューションズ試験センターとなる予定だ。

試験の参考書籍は、「これ1冊でできる!Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第3版」。出題範囲/問題数は以下の通りと発表されている。

今後のスケジュールは2019年9月にベータ試験を実施した後、同試験を2020年1月に全国で実施予定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る