新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、ROMベースのGNSSモジュール「Teseo-LIV3R」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、ROMベースのGNSSモジュール「Teseo-LIV3R」を発表した。

Teseo-LIV3Rは、走行距離計機能(距離計×3、到達距離を通知するアラート機能を含む)とジオフェンシング機能(最大8個の範囲円を設定可能、越境時のアラーム機能を含む)を搭載。リアルタイム型のアシステッドGNSSに対応しており、サーバーに常時接続することで途切れなく位置データの取得が可能だ。

衛星航法補強システム(SBAS)とRTCM3.1準拠の差動測位を使用し、複数の衛星測位システム(GPS/Glonass/BeiDou/QZSS)を追跡可能で、平均誤差半径1.5m以下という精度を達成している。

-163dBmのトラッキング感度と1秒未満のTTFF(初期位置算出時間)により、過酷な用途でも高い性能を確保できるのが特徴だ。対応動作温度は-40~85℃で、NMEA(全米舶用電子機器協会)コマンドにも対応する。

測位精度、平均消費電流、測位頻度に応じた消費電力の調整が可能になっており、RTCによるバックアップを使用したスタンバイモード(15µA以下)と複数の低消費電力モードを搭載している。

Teseo-LIV3Rは、LCC18モジュール(9.7×10.1mm)で提供される。単価は1000個購入時で約7.3ドル(約780円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る