新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、ROMベースのGNSSモジュール「Teseo-LIV3R」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、ROMベースのGNSSモジュール「Teseo-LIV3R」を発表した。

Teseo-LIV3Rは、走行距離計機能(距離計×3、到達距離を通知するアラート機能を含む)とジオフェンシング機能(最大8個の範囲円を設定可能、越境時のアラーム機能を含む)を搭載。リアルタイム型のアシステッドGNSSに対応しており、サーバーに常時接続することで途切れなく位置データの取得が可能だ。

衛星航法補強システム(SBAS)とRTCM3.1準拠の差動測位を使用し、複数の衛星測位システム(GPS/Glonass/BeiDou/QZSS)を追跡可能で、平均誤差半径1.5m以下という精度を達成している。

-163dBmのトラッキング感度と1秒未満のTTFF(初期位置算出時間)により、過酷な用途でも高い性能を確保できるのが特徴だ。対応動作温度は-40~85℃で、NMEA(全米舶用電子機器協会)コマンドにも対応する。

測位精度、平均消費電流、測位頻度に応じた消費電力の調整が可能になっており、RTCによるバックアップを使用したスタンバイモード(15µA以下)と複数の低消費電力モードを搭載している。

Teseo-LIV3Rは、LCC18モジュール(9.7×10.1mm)で提供される。単価は1000個購入時で約7.3ドル(約780円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  4. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  5. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発
  9. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  10. PSoCで電子回路を集積してみよう——CQ出版、サイプレスのPSoCを搭載する「トラ技電子回路クリエイタ「TSoC」コンプリート・キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る