新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ABS/PLA/TPU専用のプリントヘッドを搭載した3Dプリンター「Afinia H+1」

マイクロボード・テクノロジーは、3Dプリンター「Afinia H」の最新版「Afinia H+1」をリリースした。

Afinia H+1の特徴として挙げられるのは、材料ごとの出力をサポートする3種類のプリントヘッドを搭載していることだ。ABS、PLA、TPU専用のヘッドをそれぞれの対応材料と使用することで、より安定した造形が可能だ。

また、造形に合わせたノズル径を選択できることも特徴だ。0.4mm径に加え、0.2/0.5/0.6mm径に対応。各ノズル径用の設定(プロファイル、積層ピッチなど)はソフトで用意されているため、利用する際に個別設定は不要だ。

定評のあったABS造形品質はさらに向上。ABSフィラメントの品質向上に加え、ソフトの改善によるラフトやサポートの向上、ヒーター/プラットフォーム/フィルターの改良が図られており、より精緻な造形が可能となった。

新たにクローズド型のチェンバーとヒートベッドプラットフォームを採用。閉じられた構造で空気清浄用のデュアルフィルター(HEPAフィルター/カーボンフィルター)も搭載されているため、オフィスや教育現場でも安心して利用できる。

本体サイズは460×500×523mm、本体重量は30kg、造形サイズは255×205×225mm。最小積層ピッチは50μmで、対応ファイル形式は.stl/.obj/.3mf/.up3/.ups/.ply/.off/.3ds/.gcodeだ。Windows 7以降、MAC OSX 10.7+に加え、iOSにも対応している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る