新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自作キーホルダーやケーブルの補修用に——繰り返し使える蓄光性スターチ粘土「PHONDY」

再使用可能な蓄光性スターチ粘土「PHONDY」がMakuakeに登場、支援を求めている。

photo

PHONDYは、60℃以上のお湯に浸すと軟化し、自由に形状を変えられるが、3~10分間経つと硬化する可逆性のあるスターチ(デンプン)粘土だ。暗闇で光る蛍光素材で、ケーブル止めやファスナーの引き手などが取れた時の補修用として利用できる。

photo

素材はデンプンと蓄光型レアアース。分解可能のデンプン基から合成されているため安全で、SGSやCNASによる安全証明を取得している。つや消しタイプの土類夜光粉を使っており、蓄光性はあるが自発光性はない。

photo

サイズは10×3×0.2cm、分子量は80000、伸び率は約800%。色はホワイトとイエローの2色で、セット内容はホワイト3枚とイエロー2枚だ。

photo

Makuakeでは先着500人で2箱セットが20%割引の2680円(税込)となるコースのほか、3箱セットなども用意している。

photo

スケジュールは、2019年8月末までMakuakeにてクラウドファンディングを行い、9月中旬から商品の調達開始、11月中旬からリターンの国内発送を開始する予定だ。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  8. レトロでメカニカルなデザイン時計——ハンドメイドのウッドクロック「Madclockmaker」
  9. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」
  10. これまでで「最も黒い」物質——入射光の99.995%を吸収するカーボンナノチューブを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る