新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビズリーチ、ハッカソンイベント「BizReach World Hackathon」を東京で開催——国内学生の応募受け付けを開始

ビズリーチは、世界中の大学に所属するエンジニアを対象とした「BizReach World Hackathon」を2019年9月26日から29日までの4日間、東京都渋谷区で開催する。

また公式サイトを公開し、国内学生の応募受け付けを開始したことも併せて発表した。

海外では先行して募集を開始しており、既に1400名強、24カ国(アメリカ、中国、インド、イギリス、シンガポールなど)、132校(スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、北京大学、インド工科大学など)の学生からの応募が集まっているという。

同イベントでは、世界中の大学からエンジニアが東京に集結し、チーム対抗戦を実施する。参加者の東京への渡航費、宿泊費は全てビズリーチが負担し、優勝チームには1万ドル(約107万円相当)、2位には3000ドル(約32万円)、3位には1000ドル(約10万円)の賞金が授与される。参加者は、特定のGitHubのリポジトリデータ(Javaベース)を活用して、当日発表する課題を解決する。

募集締め切りは2019年7月26日(日本時間)。募集対象は大学生および大学院生で、国籍、居住国、学位、学部、学年は不問だ。

エントリー後のオンラインコーディングテストを経て参加が確定する。参加人数は36名(3名×12チーム)で、応募倍率は100倍以上を想定している。

申し込みは公式サイトより、3名1組のチームまたは個人で応募を受け付ける。なお、イベント内のプログラムは全て英語にて実施予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る