新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シリーズAラウンドで累計113億円を調達——ティアフォー、第三者割当による資金調達を実施

ティアフォーは、損害保険ジャパン日本興亜、ヤマハ発動機、KDDI、ジャフコが運営する投資事業有限責任組合、アイサンテクノロジーを引受先として第三者割当による資金調達を実施した。

これにより、ティアフォーのシリーズAラウンドの累計資金調達額は113億円となった。今回の資金調達により、同社は優秀な人材の獲得と財務基盤の強化を進め、自動運転システムの本格的な商用化を目指す。

同社は労働力不足や交通弱者増加といった社会課題と向き合い、その課題解決のための自動運転システムの商用化に着手。今後は施設内移動/物流、過疎地域交通、市街地/高速道路における長距離貨客輸送の3分野に注力する。

また、リスクマネジメントや次世代移動通信システム(5G)などの課題についても、事業パートナー各社と共に積極的に取り組む。

同社はこれまで、米国運輸省に属する連邦道路庁が提唱する自動運転ソフトウェア「CARMA」をはじめ、世界各地で自動運転システム開発をサポートしてきた。同社が開発を主導するオープンソースの自動運転OS「Autoware」は、国内外200社以上で導入された実績を有する。

今後も海外において政府機関から民間企業、大学まで幅広い協業を進め、自動運転システムのグローバルプラットフォーマーとしてさらなる事業拡大を推進していく。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コンセントに挿すだけで使える——アイ・オー・データ、電源一体型Raspberry Pi「Pi-Plug」発売
  2. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  3. 可愛いアクセサリーを作ろう——電子基板を使ったアクセサリー工作キット「マイリトルエンジニア」
  4. Raspberry Piをタブレットで使おう——ワンボードマイコンとタブレットをセットできる「Tablet Frame Kit」
  5. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  6. 場所を選ばずプログラミングできる——学校用プログラミング教材「IchigoDyhook」予約受付開始
  7. MS Excelで機械学習を学ぶ——インプレス、機械学習の入門書「直感でわかる!Excelで機械学習」発刊
  8. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  9. 自作プロジェクトに活用できる——オープンソースのDIYタブレット「Ntablet」
  10. 液滴を微細化して正確にコントロールする技術——より高精細な3Dプリンティングが可能に

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る