新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハサミとホチキス、ドライバーで組み立て可能——プログラミングロボットキット「リモコンロボ」

プログラミングロボットキット「リモコンロボ」が、CAMPFIREにて出資を募っている。

リモコンロボは、ハサミとホチキス、ドライバーで組み立てられるプログラミングロボットキットだ。本体はケース/マイコンユニット/駆動部の3つから構成され、ロボット操作用のリモコンが付属する。

ケース参考例

ケースは添付の厚紙から、ハサミとホチキスを使用して工作。マイコンユニットにはArduino Nano互換基板を搭載し、スクラッチアプリとArduino IDEでのプログラミングに対応している。また、駆動部はDCモーター×2とボールキャスターから構成され、プラスドライバーのみで組み立て可能だ。

マイコンユニット
駆動部

動作に関するプログラミングには専用のスクラッチアプリを用意しており、ブロックを組み立てる要領でプログラミングがGUIベースで進められる。

Arduino IDEをサポートしており、プログラミングに慣れてきた子供用のステップアップとしてより本格的なプログラミング環境を提供する。専用のArduino用ライブラリで赤外線リモコンとモーター、ブザーをサポートする。

本体寸法は約80×72×60mm、重量は約110g。マイコンユニットは電池など全ての機能が一体化しているため、市販の工作キットに搭載することでリモコン操作/プログラミングに対応可能だ。

アナログ制御リモコンはジョイスティックによるスムーズな操縦と、最大3台までの対戦をサポートする。

アナログ制御リモコン

CAMPFIREでは、リモコンロボ本体と基本リモコンを4000円で購入できるプランを用意。加えて、リモコンロボ本体に基本リモコンとアナログ制御リモコンが付属するプラン(6000円)などを提供している。

リモコンロボは、CAMPFIREにて2019年7月30日までクラウドファンディング中だ。目標金額15万円に対し2019年7月5日時点で10万円を集めている。発送は2019年8月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る