新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お座りや伏せができる——リアルな犬のアクションフィギュア「スタイリッシュ ワンワン」

リアルな犬のアクションフィギュア「スタイリッシュ ワンワン」がKickstarterに登場し、出資を募っている。インディペンデント系アクションフィギュアメーカーによる、東京発のプロジェクトだ。

photo

スタイリッシュ ワンワンは、1/18スケールのグレートデーンとドーベルマン、1/12スケールのウィペットとボクサー、1/6スケールのミニチュアピンシャーとイタリアングレートハウンドという、3つのスケールに各2犬種を用意する全6種のアクションフィギュア。

photo

一般的なアクションフィギュアは、関節用軸の太い断面がフィギュアの表面に露出しているが、スタイリッシュ ワンワンは、手足の関節用軸の内側を太く、表面に届く部分を極力細くすることで表面の崩壊を最小限に抑えたとしている。また、可動域が広く、お座りや伏せなどさまざまなポーズが取れるため、デッサン用としても利用できる。

photo

また、金型にはすべてサンドブラストをかけることでPVCの艶を抑え、塗装をPVCカラー使用部とペイント部に、最後に全体にウォッシュをかけて立体感を強調する予定だ。各キットには首輪とリード、ハンドル、餌皿が付属し、ハンドルは各スケールのアクションフィギュアの手のサイズに合わせてある。

photo

スタイリッシュ ワンワンは、好きなタイプ1/2/3/4/5/6個セットをそれぞれ3750円/7000円/1万260円/1万3500円/1万6750円/1万9000円で提供する。出荷は2020年5月以降を予定しており、国内の送料は無料だ。

photo

スタイリッシュ ワンワンは、2300万円を目標に2019年7月31日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る