新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LED線光線で高精細スキャンニング——ジュエリー用3Dスキャナー「D3D-s」

ジュエリー用3Dスキャナー「D3D-s」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

D3D-sは、LED線光源を使うことで高精細なスキャンニングを可能にしたジュエリー用3Dスキャナー。5Mピクセルカメラは6軸の自由度を備え、対象物を一度テーブルにセットすれば手間のかかる位置変えは不要だ。

垂直/水平方向の最高解像度はそれぞれ10μm/15μmで、それでも7分以内にスキャンが完了するよう精度を抑えているという。面光源を使う一般的なプロジェクション3Dスキャナーより84倍以上も高精細としており、2ユーロ硬貨の細かなラインを再現できる。

最大スキャンエリアはφ100×130mmで最大重量は2kg、本体サイズは600×300×420mmで重さは10kg。インターフェースはUSB3.0×2を備え、対応OSはWindows 7/8/10(64-bit)だ。

D3D-sは、今なら予定小売価格から25%オフの7915カナダドル(約65万1000円)で入手できる。2019年12月の出荷を予定しており、日本への送料は464カナダドル(約3万8160円)だ。

D3D-sは、2019年7月30日までクラウドファンディングを実施中。7月9日時点で、2万カナダドル(約165万円)の目標額に対して約1万7800カナダドル(約148万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る