新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ベネッセ、小学生向け「デジタル・情報活用検定 Pプラスジュニア」を2020年度から提供開始

ベネッセコーポレーションは、小学生向け「デジタル・情報活用検定 Pプラスジュニア」を2020年度からの提供開始を発表した。2019年度は無料お試し版を実施、受検受付を6月下旬に開始した。

photo

Pプラスジュニアは、2020年度から小学校で必修化されるプログラミングを含む「デジタル・情報活用能力」を総合的に測定する小学生向けの検定だ。中高生や大人向けに同社が提供してきた「P検」のノウハウを活用し、各分野の研究者と共に開発した。

photo

「プログラミング」をはじめ、「情報モラル、セキュリティ」、「情報活用」の3領域を対象にする。新学習指導要領を踏まえた内容で、社会の傾向を踏まえた思考力や判断力、表現力を問う「問題解決型」の出題を含むのが特徴だ。学校現場で情報教育をスタートする際や、児童の情報活用能力の把握、プログラミング指導などの場面で活用を想定している。

photo

2019年度として、学校や自治体が2020年度以降の情報教育活動において同検定の活用イメージを持ってもらうことと、商品に対する意見を伺うことを目的として、無料お試し版を提供する。

photo

申し込み受付は2020年2月28日までで、無料検定は2019年9月10日~2020年3月13日の間実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る