新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」

Arduinoのステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」がKickstarterに登場し、出資を募っている。10冊の販売につき1冊を、地元のSTEM教育のボランティア団体に贈呈するという。

photo

Arduino for Everyoneは、ロボティクスやIoT、マシンラーニングといったArduinoを活用したプロジェクトの制作を通じて学習できる電子ブック。レベルに応じて3タイプを用意しており、子どもや初心者からmaker向けに設計から組み立てまでの工程を実践できるプロジェクトを用意している。

photo

チャプターごとに学習した内容に応じ、消防ロボット、生体認証ドアロック、オートマチックガーデニングシステムなどが制作できる。回路図や構造図、PCB設計図、サンプルコード、フリーツール/ソースなど詳細な情報を掲載しているため、初心者でも安心して取り組める。

photo

初心者向けの「キッズ・ファミリーパック」は簡単に実践できるプロジェクト限定で、もっと高度なテクニックやプロジェクトを学び実践したい人向けには「ホビイストパック」が適している。「プロフェッショナルパック」は、キッズ・ファミリーパックとホビイストパックを含めたすべての内容にアクセスできる。またアイデアを形にし、製品として販売する方法の紹介や、コミュニティやフォーラムへ参加も可能になり、充実したサポートを受けられる。

photo

Arduino for Everyoneは、今ならキッズ・ファミリーパック/ホビイストパック/プロフェッショナルパックをそれぞれKickstarter価格の35ユーロ(約4300円)/65ユーロ(約7900円)/95ユーロ(約1万1600円)で入手できる。今のところ、英語版のみのようだ。2019年10月以降順次配信する予定で、一般向けには2020年1月に販売を開始する。

Arduino for Everyoneは、2019年8月19日までクラウドファンディングを実施中。7月11日時点で、3000ユーロ(約37万円)の目標額に対し約2000ユーロ(約24万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る