新しいものづくりがわかるメディア

RSS


集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist(マシニスト)」の提供を開始した。

同サービスの利用により、IoTデバイス/センサーから取得したデータを保存し、Web上のダッシュボードでグラフ表示できる。閾値を超えた場合には、メールなどに自動通知も可能だ。自分好みのIoTシステムの作成に加え、システムのプロトタイピング用途にも応用できる。

IoTデバイス/センサーから取得したデータを識別するため、管理しやすい名称に変更してダッシュボードに表示できることが特徴だ。

また、スクリプト作成時にネームスペースやタグ機能を利用して、どのデバイス/センサーから取得したデータかをダッシュボード上で表示できる機能も用意されている。 例えば、自宅のさまざまな場所の温度/湿度/照度/気圧などをグラフで表示し、外出先から監視できる。グラフは個別のURLを発行し、第三者と共有可能だ。

データが設定した閾値を超えた場合は、メール/Microsoft Teams/Slackへ自動通知できる機能を搭載。同社が開発した通信システム「IIJ Legs(β)」と連携し、MachinistからIoTデバイス/センサーにコマンドを送信できるよう、機能を強化中だ。(2019年秋提供予定)

月額利用料金はスタンダード版が680円(税込)。メトリック(データの系列数)の収集個数は100個まで、データ保存期間は直近6カ月となる。 他に、メトリックが最大10個まで、データ保存期間が直近1カ月の無料版(月額利用料無料)も用意する。

なお同サービスは、2019年8月3日~4日まで東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2019」にてデモ展示を開催する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  7. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  8. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る