新しいものづくりがわかるメディア

RSS


すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売

アフターソフトは、Raspberry Pi 3 Model B+に128GB SSDや冷却ファンなどを搭載し、モニターやキーボードなど必要な周辺機器をセットにした学習用コンピューターセット「ベリーボックス」を発売した。

photo

ベリーボックスは、Raspberry Pi 3 Model B+を中心に、専用ファンやヒートシンク、専用ケースなど高負荷時の動作安定や、動作速度向上のため128GB SSDを搭載し、スワップによりメモリーを1GBから3GBへと増やしている。さらに、スイッチ付き専用電源5V3Aを採用することで電源周りも安定させている。

photo

また、搭載するRaspberry Pi用OS「Raspbian」には高速化のための設定を施しているという。

周辺機器として、解像度1920×1080の21.5インチディスプレイ、ワイヤレスのキーボードおよびマウスが付属。あらかじめRaspberry Piでの動作を検証しているため、相性などの問題で動作不良などを起こす心配がない。もちろん、本体ケースを開ければGPIOを使用した電子工作もできる。

photo

上記の他にSATAケーブルやHDMIケーブル、ACアダプターを同梱したセットを3万9800円(税込)で同社Webサイトで販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る