新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ベネッセの「進研ゼミ小学講座」、プログラミング学習Webサービス「イマクリ」を追加

ベネッセコーポレーションが、同社が展開する小学生通信講座「進研ゼミ小学講座」のオプション教材「かがく組」に、小学3年生向けのプログラミング学習Webサービス「イマクリ」を追加することを発表した。同コンテンツは2019年7月25日から利用可能になる。

photo

かがく組は、自然や科学技術、社会、プログラミングなどの分野に対する知的好奇心を育むことを目的とした有料のオプション教材だ。プログラミング関連では、2019年4月から冊子教材やプログラミング教具などを提供していた。

今回新たに提供されるプログラミング学習Webサービスイマクリでは、まず解説と実習によるスモールステップ形式のレッスンでプログラミングスキルを習得。体験を通して基本的なプログラミングの考え方を理解する。

さらに、習得したプログラミングスキルを活用し、テーマに沿ったプログラミング作品を作製、投稿することができる。投稿するとオリジナルの作品用の素材を貰えたり、優秀作品は表彰されたりすることで、学習意欲と表現意欲を持続させることができる。

なお、プログラミングには、グラフィカルなインターフェースを使ったプログラミングが可能な教育向け言語「Scratch」を採用している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る